2017年01月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

技術革新の反作用モバイル活用に失敗しがちな会社で起きていること

モバイルを活用する企業は未来的であり、理想的でもある。だが、古い技術から新しい技術に移行するのは簡単な話ではない。ためらいを振り払ってでも、モバイルを採用しなければならない理由とは。

[Steve Damadeo,TechTarget]
イメージ 《クリックで拡大》

 ニュートンが提唱した運動の第三法則では、あらゆる作用にはそれと同等かつ逆方向の反作用が存在すると定義している。同じことが進歩と革新にもいえる。

 問題はIT業界で絶えず変化が起こっていることだ。「企業はビジネスにモバイルを採用する必要がある」と専門家は何年も前から説いてきた。だが、今でもモバイルを採用できていない企業が多数存在している。なぜ企業はモバイル化をためらっているのだろうか。

モバイル化への対応

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...