2016年08月10日 09時00分 公開
特集/連載

千葉工業高校がWindowsタブレットではなく「9.7インチiPad Pro」を選んだ理由千葉県発、公立工業高校のIT活用【前編】(1/3 ページ)

2016年4月に「9.7インチiPad Pro」によるBYODを開始した千葉県立千葉工業高等学校 理数工学科。同科は9.7インチiPad Proをどのように活用しているのか。その選定理由とは。担当者に聞いた。

[神谷加代,著]

関連キーワード

iPad | Apple | Office 365 | 無線LAN | 教育IT


千葉工業高校 9.7インチiPad ProをBYODで整備した千葉工業高校《クリックで拡大》

 2016年4月、工学系の大学進学を目指す「理数工学科」を新設した千葉県立千葉工業高等学校(千葉市中央区)。併せて同科の新入生全40人を対象に、Appleの9.7型ディスプレイ搭載タブレット「9.7インチiPad Pro」をBYOD(私物端末の利用)形式で導入した(注)。ものづくりを学ぶ工業高校ならではのIT活用を目指して知恵を絞る。

※注 BYODは本来、個人が自分の意志で選択/購入したデバイスを業務で使用したり、組織内に持ち込んだりすることを指す。現在は教育機関や企業で、BYODにおいてもOSのバージョンや製品を限定したり、指定したりするケースが増えている。

 以前から千葉工業高校は、生徒が先進的な技術やツールに触れながら学習できる環境作りを重視してきた。2015年には文部科学省から、専門性の高い知識や技能を持つ人材育成を図る「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」(SPH)の指定校に選ばれたことが、その証左だ。9.7インチiPad Proの導入でさらにIT環境の充実を図り、社会の第一線で活躍できる人材育成を目指す。

 千葉工業高校は9.7インチiPad Proの導入をどのように進めたのか。選定の理由は何か。導入の陣頭指揮を執った電気科・ICT教育推進委員会の片岡伸一教諭に話を聞いた。

情報時代に1人1台タブレットの整備は「当たり前」

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...