2016年08月10日 09時00分 公開
特集/連載

千葉工業高校がWindowsタブレットではなく「9.7インチiPad Pro」を選んだ理由千葉県発、公立工業高校のIT活用【前編】(1/3 ページ)

2016年4月に「9.7インチiPad Pro」によるBYODを開始した千葉県立千葉工業高等学校 理数工学科。同科は9.7インチiPad Proをどのように活用しているのか。その選定理由とは。担当者に聞いた。

[神谷加代,著]

関連キーワード

iPad | Apple | Office 365 | 無線LAN | 教育IT


千葉工業高校 9.7インチiPad ProをBYODで整備した千葉工業高校《クリックで拡大》

 2016年4月、工学系の大学進学を目指す「理数工学科」を新設した千葉県立千葉工業高等学校(千葉市中央区)。併せて同科の新入生全40人を対象に、Appleの9.7型ディスプレイ搭載タブレット「9.7インチiPad Pro」をBYOD(私物端末の利用)形式で導入した(注)。ものづくりを学ぶ工業高校ならではのIT活用を目指して知恵を絞る。

※注 BYODは本来、個人が自分の意志で選択/購入したデバイスを業務で使用したり、組織内に持ち込んだりすることを指す。現在は教育機関や企業で、BYODにおいてもOSのバージョンや製品を限定したり、指定したりするケースが増えている。

 以前から千葉工業高校は、生徒が先進的な技術やツールに触れながら学習できる環境作りを重視してきた。2015年には文部科学省から、専門性の高い知識や技能を持つ人材育成を図る「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」(SPH)の指定校に選ばれたことが、その証左だ。9.7インチiPad Proの導入でさらにIT環境の充実を図り、社会の第一線で活躍できる人材育成を目指す。

 千葉工業高校は9.7インチiPad Proの導入をどのように進めたのか。選定の理由は何か。導入の陣頭指揮を執った電気科・ICT教育推進委員会の片岡伸一教諭に話を聞いた。

情報時代に1人1台タブレットの整備は「当たり前」

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...