2017年01月04日 08時00分 公開
特集/連載

ユーザー注目の「Surface Phone」は登場する? 2017年のモバイル市場予測最優先はモバイルセキュリティ(1/2 ページ)

多要素認証の台頭、Appleの「iOS」のセキュリティアップデートなど、2017年のモバイル市場は話題に事欠かないだろう。本稿では4人の専門家が2017年の企業向けモバイルの動向を予測する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

パトリック・ムーアヘッド氏(Moor Insights and Strategyのプレジデント兼プリンシパルアナリスト)

ムーアヘッド氏

 ハードウェアによる多要素生体認証の実装が盛んになるだろう。第2、第3の認証要素として、スマートフォンを使用する認証機能が広がる。この機能では、スマートフォンで利用者を認証し、スマートフォンが利用者の所在地を把握した場合にのみ、その利用者がPCにサインインできるようになる。指紋や虹彩スキャンのような第3世代生体認証で認証を受けるようにもなる。Microsoftの「Windows」に組み込まれていたが、Appleの「iOS」や「macOS」にも組み込まれるようになった。

 Microsoftから「Surface Phone」が発売されると予測する。皮肉なことだが、結局多くの企業が求めているのはこれではないだろうか。企業はデバイスを管理するために、異なるプログラミング要素や異なる方法を2つも3つも使わなければならないことにうんざりしている。

ジャック・ナルコッタ氏(Technology Business Researchのシニアアナリスト)

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...