「分かっているつもりで見過ごしがち」なモバイルセキュリティ、5つの“落とし穴”対策を後回しにしていないだろうか?

業務利用のモバイルデバイスが増える中、IT担当者は、こうしたデバイスに付きまとう主要なセキュリティ脅威と、侵害の防止方法を頭に入れておかなければならない。

2016年12月22日 08時00分 公開
[Jack WallenTechTarget]
イメージ 《クリックで拡大》

 モバイルデバイスはセキュリティ対策の在り方を変えており、IT担当者が目下の重大な脅威を把握しておくことが、これまで以上に重要になっている。

 IT担当者がITセキュリティの動向を考える場合、一般的にファイアウォールやセキュリティアプライアンス、ポリシーおよびマルウェア、ランサムウェア、トロイの木馬といった脅威が念頭に浮かぶ。ビジネスのモバイル化が進む前は、セキュリティ対策上、こうした要素を考慮すれば事足りていた。だが現在では、IT担当者が警戒すべきモバイルセキュリティ脅威のトップ5は、以下の通りだ。

安全でないWi-Fi

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...