「分かっているつもりで見過ごしがち」なモバイルセキュリティ、5つの“落とし穴”対策を後回しにしていないだろうか?

業務利用のモバイルデバイスが増える中、IT担当者は、こうしたデバイスに付きまとう主要なセキュリティ脅威と、侵害の防止方法を頭に入れておかなければならない。

2016年12月22日 08時00分 公開
[Jack WallenTechTarget]
イメージ 《クリックで拡大》

 モバイルデバイスはセキュリティ対策の在り方を変えており、IT担当者が目下の重大な脅威を把握しておくことが、これまで以上に重要になっている。

 IT担当者がITセキュリティの動向を考える場合、一般的にファイアウォールやセキュリティアプライアンス、ポリシーおよびマルウェア、ランサムウェア、トロイの木馬といった脅威が念頭に浮かぶ。ビジネスのモバイル化が進む前は、セキュリティ対策上、こうした要素を考慮すれば事足りていた。だが現在では、IT担当者が警戒すべきモバイルセキュリティ脅威のトップ5は、以下の通りだ。

安全でないWi-Fi

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...