2016年12月21日 12時00分 公開
特集/連載

モバイルデバイスセキュリティ“最善策”ガイドライン決めたルールは厳格順守

モバイルセキュリティは簡単なことではないが、ファイル同期/共有製品やモバイルデバイス管理ソフトウェアを利用すると、企業データの保護を強化できる。

[Brien Posey,TechTarget]
モバイルデバイスの進化に伴い業務利用が可能になり、それにつれてモバイルデバイスで機密情報を扱うことが増えている

 これまでのデスクトップPCやノートPCと比べると、モバイルデバイスのセキュリティ対策は難しい。それでもモバイルデバイスにおけるセキュリティ管理の最善策が確立しつつある。

 まず、認可デバイスポリシーの策定が重要だ。このポリシーでは通常、社内リソースへのアクセスに使用できるモバイルOSを定める。次いで、従来型のバックアップソフトウェアが一部のWindowsデバイスを除いてモバイルデバイスに対応していないため、代わりにどの製品をモバイルデバイス保護の目的に採用するかを検討する。それから、その製品が動作するモバイルデバイス以外を従業員が使わないようにする必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...