スマートフォンの「バッテリー寿命」を縮めるNG集 駄目な使い方と対策を確認スマートフォンの“消費期限”とは【第2回】

スマートフォンの“心臓”とも言えるバッテリーの寿命は、スマートフォンの日常的な使い方が左右する。バッテリーの寿命をできるだけ長くするには、どうすればよいのか。

2023年05月18日 11時45分 公開
[Michael GoadTechTarget]

関連キーワード

Google | iOS | スマートフォン


 スマートフォンを使い続けていると、いつかは買い替えが必要になる時が来る。適切な買い替え時期を見極めるには、何に注目すればよいのか。指標になるのは、スマートフォンを動かすためになくてはならない“心臓”、つまりバッテリーの状態だ。

スマホの大敵「バッテリーの寿命」を縮める“あの行動”

 一般的なスマートフォン向けバッテリーは、充電が可能なリチウムイオンバッテリーだ。リチウムイオンバッテリーには寿命があり、一般的には300回〜500回の充電回数に達すると顕著に劣化する。そうなると蓄電容量が著しく少なくなり、頻繁な充電が必要になってしまう。スマートフォンの快適な利用を維持するには、企業のIT管理者は従業員に、バッテリーの注意点を正しく伝える必要がある。

 スマートフォンを熱にさらすことは、バッテリーや他の内部部品の劣化を早める原因となる。スマートフォンをケースに入れた状態で放置したり、暑いときに車のフロントガラスの下に置いたりすることは避けよう。充電中はスマートフォンが発熱するので、ケースを外してから充電すると熱がこもりにくくなる。

 企業がスマートフォンのバッテリー寿命を管理するための方法は、幾つかある。例えばAppleは、スマートフォンOS「iOS」に、残容量や使用状況といったバッテリーの状態をチェックする機能を設けている。「設定」「バッテリー」「バッテリーの状態と充電」の順番でタップすると、バッテリー状態を確認できる。

 GoogleのモバイルOS「Android」の場合、スマートフォンのバッテリー状態をチェックする標準機能はない。ただしZebra TechnologiesやHoneywell International、Samsung ElectronicsなどのAndroidデバイスベンダーは、自社製品向けにこうした機能を提供している。

 バッテリーの交換時期が来たら、新しいバッテリーを購入して入れ替える他、スマートフォンそのものを買い替える手もある。買い取りプログラムを利用できれば、古いスマートフォンを売ることでコスト削減につなげることが可能だ。


 第3回は、物理的な損傷を避けるための、スマートフォンの保護法を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...