2018年09月23日 05時00分 公開
特集/連載

業務用とプライベート用の違い業務用スマートフォンはいつ買い替えるべきか?

スマートフォンの寿命は永遠ではない。セキュリティの問題を防ぎ、最大限の性能を引き出すには、買い替えの時期を判断しなければならない。

[Jack E. Gold,TechTarget]
画像 企業のスマートフォンはいつ変える?

 企業のモバイル端末の買い替え時期は、かつては1年〜1年半程度だった。しかし今は機種による差が縮まり、価格が高くなったこともあって、2〜3年に延びている。中には壊れるまで買い替えないという企業まである。だが、スマートフォンに関しては、ライフサイクルに一定の基準を設けることが重要だ。

古い端末を使い続けてはいけない理由

 事情は企業ごとに異なるものの、大抵はスマートフォンを1年半〜2年以内に買い替えるのが望ましい。それより長いと、使うことはできても性能が大きく下がっていく。一般に、購入から2年たったスマートフォンはバッテリーの「持ち」が3〜5割に落ちる。

 アプリの実行速度も15〜20%遅くなる。15〜20%なら大したことではないと思うかもしれないが、これは一般的なエンドユーザーにも分かるほどの大きな違いだ。パワーユーザーなら生産性が大きく低下し、会社に直接響く損失を招く。

従業員のパフォーマンス向上を考えるなら発想の転換を

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...