2017年10月26日 05時00分 公開
特集/連載

業務用スマートフォンで「パケ死」、悪夢を避けるために管理者ができる予防策海外出張、動画が鬼門

業務用スマートフォンを支給する企業が増えつつある。だが、料金プランを適切に管理していないと、思わぬ高額請求に面食らうこともあるかもしれない。通信料金を管理する担当者向けの予防策を紹介する。

[Pallavi Vanacharla,TechTarget]

 従業員の携帯電話やタブレットのために企業が負担する通信料金は、推測に頼るしかなくなってきた。

 驚くような請求が来るのも日常茶飯事になった。通信料金管理担当者は、これらの驚くほどの請求を「ビルショック」(訳注:いわゆる「パケ死」)と読んでいる。なぜなら、ずばり文字通り(bill shock)だからだ。企業はビルショックを被ると、この請求額についてすぐに議論し、この予想外の料金を今後削減するための建設的な方法をなんとかして考え出さなければならなくなる。

 そこで、これらの予想外の請求やデータ量の超過をどのようにすれば防げるだろうか。ビルショックを防ぐ方法を見つけるには、まず、どういういきさつでこのような事態になっているかを理解する必要がある。問題の根本はどこにあるのか、また、現在のモノのインターネット(IoT)技術から得られる教訓をどう生かせばこれらの問題を解決できるかを紹介する。

ビルショックの3つの原因

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...