2017年12月28日 05時00分 公開
特集/連載

失敗しないモバイルデバイス選びの5大ポイント【後編】放置iPhone、使われないAndroidスマホはなぜ生まれるのか

モバイルデバイス選びを成功させるためには、どのような視点で選定を進めるべきなのか。5つの選定ポイントのうち、残る3つのポイントを紹介する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 モバイルデバイス選定で注目すべきポイントとは

 前編「『iPhone』と『Android』スマホを比較するなら『機種』『OS』にまず注目すべし」では、企業がモバイルデバイスを選定する際に検討すべき5つのポイントのうち「機種」と「OS」を取り上げた。後編では残る3つのポイントを紹介する。

ポイント3:ユーザー要件

 モバイルデバイスは形状もサイズもさまざまだ。自社のワークフローと従業員のニーズに合った機種を選ぶには、従業員がいつ、どこで、どのように仕事をしているのかを把握しておく必要がある。日常業務の内容や業務に必要なアプリケーションの種類に加え、モバイルデバイスを社内と出先のどちらで使うかなどの情報が必要だ。

 写真や動画を撮影することの多い仕事に使うなら、高性能のカメラ機能を備えた機種がよいだろう。Appleの「iPhone X」、Samsung Electronicsの「Galaxy S8」、Googleの「Pixel 2」などが候補に挙がる。頻繁に充電できない出先で処理負荷の高いアプリを使う場合は、バッテリー駆動時間の長いタブレットを選ぶ必要がある。Appleの「iPad Pro」、Samsungの「Galaxy Tab S3」、Lenovoの「Yoga Tab 3」などが考えられる。仕事の内容をよく理解すればするほど、必要なデバイスを絞り込むことができる。

 業務用のモバイルデバイスを比較するには、数々の要素を検討しなければならない。どれを重視するかを決めるのは、やはり業務内容だ。例えば出張サポートに行く技術者は、客先で以下のことができなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

夫婦で共用するものとしないものの境界線――プラネット調べ
11月22日は「いい夫婦の日」。ハンドタオルは夫婦で共有するけれどバスタオルは? 寝室...

news156.jpg

若者はなぜ「ライブ動画」を視聴するのか――ライムライト・ネットワークス・ジャパン調べ
ライムライト・ネットワークス・ジャパンがコンテンツの視聴動向に関する調査結果を発表...

news003.jpg

日本で取り組むセールスイネーブルメントと今後の展望
セールスイネーブルメントの概念や代表的なツールについて2回にわたって紹介してきました...