「iPhone」発売から10年、しかしスマホは10年後には使われていない?IoTデバイスの進化が常識を変える

今日、スマートフォンなしの生活は想像できない。だが、真にスマートなIoTデバイスが普及すれば、スマートフォンは特別な存在ではなくなるはずだ。

2017年07月26日 05時00分 公開
[Gal OppenheimerTechTarget]
新型スマートフォンの動向が注目されるのも過渡期のことか。写真はiPhone 7《クリックで拡大》

 次期スマートフォンはどのような機能を搭載し、ワイヤレス充電はいつ実現し(現状は本当のワイヤレスではない)、端から端までボタンレスで曲面ガラスのタッチスクリーンはいつ登場するのか――。人々はそうした話題で持ちきりだ。スマートフォンは今や誰にとってもなくてはならない存在であり、スマートフォンなしの生活など想像できないほどだ。だが皆、肝心な点を見落としている。10年前、Appleの「iPhone」が発売され、ITの世界は一変した。けれども当初、多くの人たちはiPhoneの失敗を予想した。彼らは、インターネットに接続できるコンピュータ(ノートPCより性能は劣るとはいえ)をいつでもポケットに入れて持ち歩ける便利さを予想できなかったのだ。当時と同様、私たちは今スマートフォンに依存し過ぎるあまり、先のことを正しく予測できずにいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...