PCaaSとDevices as a Serviceの導入を検討する【中編】
Dell、HP、Lenovoの定額制PC「PCaaS」「Devices as a Service」の違いを比較
「PCaaS」(PC as a Service)と「Devices as a Service」の代表的なベンダーに、DellとHP、Lenovoがある。3社のサービス内容と特徴を説明する。(2021/4/7)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第2回】
「HCI」を「Kubernetes」でクラウドネイティブ化 VMwareとCiscoの動きは?
コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をHCI(ハイパーコンバージドインフラ)に組み合わせる動きが広がっている。まずはVMwareとCisco Systemsの取り組みを紹介する。(2021/4/1)

クラウドニュースフラッシュ
資生堂が「Dynamics 365」を日本とタイに導入した理由とは?
資生堂が国内やタイの拠点に「Dynamics 365」を導入した事例やIaaS/PaaS市場の調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/3/31)

PCaaSとDevices as a Serviceの導入を検討する【前編】
定額制PC「PCaaS」「Devices as a Service」とは? “普通のDaaS”との違いは
「PC as a Service」(PCaaS)や「Devices as a Service」とはどのようなサービスなのか。両サービスの内容と、「DaaS」として広く知られる「Desktop as a Service」との違いを説明する。(2021/3/30)

情報ガバナンスと記録管理の違い【後編】
いまさら聞けない「記録管理」とは? 「情報ガバナンス」との違いは?
「情報ガバナンス」と「記録管理」は混同されがちだが、意味は異なる。記録管理が何なのかを整理した上で、両者の違いを簡単に解説する。(2021/3/23)

VMwareの主要製品を理解する【前編】
いまさら聞けない「vSphere」「NSX-T Data Center」とは? VMwareの仮想化製品
VMwareの仮想化製品は幅広い。それぞれどのような機能を持つのか。まずはサーバ仮想化ソフトウェアの「vSphere」とネットワーク仮想化ソフトウェアの「VMware NSX-T Data Center」を解説する。(2021/3/22)

「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【後編】
「データリテラシー」の高い社員を育てる鉄則とは? Red Hatに聞いた
データ主導型企業を目指す上で重要なのが、従業員のデータリテラシー向上だ。その実現のためには何をすればよいのか。データリテラシーに関する独自のトレーニングプログラムを始めたRed Hatに聞いた。(2021/3/17)

PTC ジャパン株式会社提供|Onshape に関するホワイトペーパー
コロナ下で製品開発はどう変わるべき? 調査で見えた改善の5つのヒントとは
新型コロナウイルスは製造業にも多くの影響をもたらし、製品開発およびハードウェア設計の現場は今、変革の時期を迎えている。約1000人への調査結果を基に、生産性向上とイノベーションを実現するための5つのヒントを解説する。(2021/3/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
シンプルなハイブリッドクラウド実現のために、「SDDC×HCI」を採用する理由
ハイブリッドクラウド環境は、どうしても複雑になりがちだ。パブリックとプライベートの両環境を統合し、シンプルで一貫性のある運用を実現するにはどうすればよいのか。その実現のカギがSDDCとHCIの組み合わせにあるという。(2021/3/8)

情報ガバナンスと記録管理の違い【前編】
いまさら聞けない「情報ガバナンス」とは? なぜ必要なのか
「情報ガバナンス」と「記録管理」は似て非なる業務だ。両者の違いを理解するために、まずは情報ガバナンスとは何かをあらためて整理しよう。(2021/3/1)

IT活用で“ニューノーマル”の人事課題をどう解決するか【前編】
「チャットbot」でコロナ禍の人材獲得を効率化 アパレル企業はなぜ成功した?
COVID-19の発生後、人事部門は従業員エクスペリエンスを新たな方法で支援しようとしている。そうした手段の一つがチャットbotだ。人材獲得にチャットbotがどう役立つのか。アパレル企業の事例と共に紹介する。(2021/2/25)

2021年のDXトレンド予測【後編】
「リアルタイムデータ処理」「MLOps」が2021年のDXに必要な理由
2021年はビジネスそのもののスピードを加速させる技術に注目が集まるだろう。リアルタイムのデータ処理を可能にする技術分野や、機械学習モデル開発の効率化、といったトレンドを探る。(2021/2/24)

「クラウドファイル共有」7選【第1回】
AWSとオンプレミス間でファイルを同期できる「AWS Storage Gateway」とは
同僚間でのファイルのやりとりや共同編集を可能にする「クラウドファイル共有」には、さまざまな種類がある。AWSが提供する「AWS Storage Gateway」の機能を詳しく見てみよう。(2021/2/10)

株式会社日本HP、アルファテック・ソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
PC調達から返却まで効率化、サブスク型PCライフサイクル管理サービスとは
多岐にわたるPCの管理業務を担うIT部門。IT人材不足の組織では、その負担の大きさのため、PCのアップデートや故障対応などに手が回らないこともあるようだ。そこで注目されるのが、月額利用型のPCライフサイクルマネジメントサービスだ。(2021/2/10)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト
複数のKubernetesクラスタ管理が当たり前の時代に、一元的な運用を実現するには
アプリケーションのクラウドネイティブ化に向け、多くの組織でコンテナの採用およびKubernetesの導入が進められている。そこで課題となっているのが、複数のKubernetesクラスタの効率的かつ一元的な運用をいかに実現するかという点だ。(2021/2/2)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト
モダンアプリを効率運用、旧来型の監視から脱却するオブザーバビリティー向上術
アプリケーション開発へのコンテナ導入は、利点だけでなく複雑化をもたらし、従来型の監視を無意味なものにした。いま重要なのは、異常を傾向やアラートから分析し、プロアクティブな対応を可能にする可観測性(オブザーバビリティー)だ。(2021/1/27)

GitをGUIで操作
ブランチ比較ツールが追加されたGit GUIの最新版「Vershd 3.0」
バージョン管理ツール「Git」をGUIで操作できるVershdの最新版がリリースされた。ブランチ比較ツールが追加され、コードのブランチの状態を簡単に把握できるようになった。(2021/1/20)

Kubernetes創始者ジョー・ベダ氏インタビュー【後編】
Kubernetesエコシステムのゴールとは何か?
複数のKubernetesディストリビューターが競争し、コミュニティーが発展し、Kubernetes用の多数のツールが生まれている。ジョー・ベダ氏が考えるエコシステムの理想型とは。(2021/1/19)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
人頼みのHDD廃棄が招く情報漏えいリスクに、運用と製品の両面から進める解決策
セキュリティというと標的型攻撃など外部の脅威が注目されがちだが、廃棄処理に関する情報漏えいリスクも無視できない。自治体がHDDの廃棄を委託した企業から個人情報が流出した事件は記憶に新しい。このリスクにどう対処すればよいのか。(2021/1/14)

統合ストレージへの道【後編】
ファイル/オブジェクトストレージ統合の可能性
ファイルシステムベースのストレージとオブジェクトストレージを統合するメリットはあるのか。統合による影響とは何か。(2021/1/14)

統合ストレージへの道【前編】
ファイルストレージとオブジェクトストレージの統合の課題
ファイルシステムベースのストレージとオブジェクトストレージを統合することで両者の利点を享受しようという動きがある。(2021/1/7)

レノボ・ジャパン合同会社提供ホワイトペーパー:
侵害の半数近くの原因がデバイス紛失、ライフサイクル管理を徹底するには?
セキュリティ侵害の原因の多くを占めるのが、デバイス管理の不備だ。ユーザーが管理しきれない部分の保護を徹底するには、盗難/紛失への対応やリモートディスク消去を含めた、ライフサイクル全体を管理するアプローチが必要になる。(2020/12/24)

株式会社日本HP、横河レンタ・リース株式会社提供ホワイトペーパー:
VDIと比べてコストや安全性はどう違う? 事例に学ぶ「データレスPC」の実力
顧客の機密情報を取り扱うため、徹底したセキュリティが求められるニッポンインシュア。そこで同社が営業社員向けに採用したのが、モバイルPCとデータレスPCのレンタルサービスだ。VDIと比べてどこに魅力を感じたのか、効果の実態を探る。(2020/12/24)

ExcelとPower BIの連携強化で何が変わるのか【中編】
「Excel」と「Power BI」の連携が進むと“Excel依存”がさらに進む?
「Microsoft Excel」は「Power BI」との連携強化により複雑なデータを扱いやすくなった。ただし専門家はデータガバナンスについて懸念を示す。どのような問題が潜んでいるのか。Microsoftの見解は。(2020/12/14)

IE延命措置への依存は禁物
「Internet Explorerが終わる日」現実へ 一部サイトをIEで開くとEdgeで強制表示
Microsoftは、一部のWebサイトを「Internet Explorer」ではなく「Microsoft Edge」で強制的に表示するようにした。専門家は、現実味を帯びてきた「IEの終わり」への準備が必要だと指摘している。(2020/12/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ハイブリッド環境でセルフサービス型分析を容易に実装、次世代データ基盤の実力
今日のデータ基盤には、ライフサイクル全体の統合やリアルタイム処理など、高度な要件が求められる。そこであらゆるクラウド環境のデータ管理・運用を簡素化し、セキュアなデータレイクを容易に構築できる、次世代のデータ基盤を紹介する。(2020/12/4)

「5G」と「AI」を同時に語るべき理由【前編】
「4G」のままではなぜ駄目なのか? 「5G」がAI時代に必要な理由
「5G」が登場したことで「AI」技術の活用が大きく進む可能性がある。その背景には何があるのか。なぜ「4G」のままでは駄目なのか。専門家の話を交えて考える。(2020/12/2)

22ステップのアップグレード作業を自動化
ハイブリッド環境の運用管理は自動化でどれだけ楽になる? 実機検証で知る真相
ハイブリッドクラウドへの移行が多くの企業で進む一方、手作業による運用管理に限界を感じるケースが増えている。そうした中、自動化を取り入れ、オンプレミス/クラウドの一元管理と連携を容易にする仕組みが登場した。その実力とは?(2020/12/2)

仮想化ソフトウェア「XCP-ng」とは【中編】
オープンソース仮想化ソフト「XCP-ng」は何ができるのか
「XCP-ng」は豊富な機能が特徴のオープンソース仮想化ソフトウェアだ。知っておくべきXCP-ngの代表的な機能を説明する。(2020/11/27)

「ストレージ処分」基礎ガイド【中編】
いまさら聞けない、古いストレージを安全に運用停止する方法
処分するストレージを運用停止する際は、単にストレージの電源を切ればよいわけではない。データを保護するための適切な運用停止の方法が必要だ。どのようにすればいいのか。(2020/11/24)

安全、安心を通して新たな「IoT」を確立
IoTで高まる“傍受・改ざん”リスク、データの安全性と信頼性はどう確立する?
IoTが急速に普及し、建物設備や産業機器の脆弱性を突いた攻撃や、データ流出・改ざんの被害に遭うケースが増えている。これを防ぐには、ネットワークレベルにとどまらず、機器の製造/物流から廃棄までライフサイクル全体の保護が必要だ。(2020/11/25)

仮想化ソフトウェア「XCP-ng」とは【前編】
オープンソースとCitrixの「Xen」の基本的な違いとは?
オープンソースの仮想化ソフトウェア「XCP-ng」を管理するXen Projectと、「Xen」ブランドの仮想化ソフトウェアを提供してきたCitrix Systems。両社の関係とは。(2020/11/20)

「ストレージ処分」基礎ガイド【前編】
古いストレージはいつ処分すべきなのか? 処分計画の立て方は?
ストレージ購入時に詳細な検討が必要なことは当然だが、データを漏えいさせないためには処分時にも詳細な検討が必要だ。ストレージを処分する際は、まず何から検討を始めればよいのか。(2020/11/16)

新旧ストレージシステムを比較【後編】
「コンポーザブルインフラ」の用途と、“ただの箱”にしないための準備とは
コンポーザブルインフラにはストレージのリソース配分を最適化したり、運用管理を自動化したりできるメリットがある。ただし、ただ導入すればよいわけではない。導入時に考慮すべき点とは。(2020/10/13)

コンテンツ制作におけるAI活用【前編】
“AI記者”を実現する「NLG」(自然言語生成)の実力とは?
AI(人工知能)技術を利用してテキストコンテンツ制作を支援する「NLG」(自然言語生成)。その効果とは、どのようなものなのか。(2020/9/24)

クラウド時代のベンダーロックインを考える【中編】
クラウド選びで「ベンダーロックイン」が問題にならない“これだけの根拠”
クラウドサービスを選ぶとき、ユーザー企業はベンダーロックインを気にしなくなりつつあると同時に、クラウドベンダーもベンダーロックインの不安を解消するために工夫をしている。(2020/9/24)

「AIOps」とは何か【第3回】
「MLOps」とは? 機械学習モデル開発にDevOpsを生かす
DevOpsの考え方を取り入れた機械学習モデルの開発手法が「MLOps」だ。従来の開発手法と何が違うのか。機械学習の要件を踏まえて登場したMLOpsの基礎を解説する。(2020/9/16)

企業が直面する間違いとは?
DevSecOpsを確立する方法
シンガポールのSP DigitalはDevOpsで大きな成果を挙げている。同社は一歩進んでDevSecOpsの確立に着手した。だが、DevSecOpsには不可欠な要素がある。(2020/9/16)

「DWH」を賢く選ぶ【後編】
「DWH」選びに失敗しないための14大チェックリスト
自社のデータに適した「DWH」(データウェアハウス)を選択するのは大変な作業だ。選択に当たって考慮すべき重要な評価ポイントを紹介する。(2020/9/8)

コンテナネットワークの基礎知識【第3回】
「コンテナ」の商用利用で考慮すべき5つのポイントとは?
コンテナを商用利用する際は、大量のコンテナを効率的に運用する必要があります。大規模運用の際、どのような点を考慮すべきなのでしょうか。(2020/9/4)

今の機械学習開発スタイルは時代遅れ
MLOpsで近代化する機械学習の開発ライフサイクル
機械学習の分野は自動化されておらずパイプラインは不安な、旧態依然とした体勢で運用されている。MLOpsを導入することで、機械学習の世界に産業革命をもたらすことができるという。(2020/8/26)

「脱クラウド」が意味するもの【第4回】
オンプレミスとクラウドを賢く使い分ける4つのポイントとは?
「脱クラウド」で考えさせられるのは、結局オンプレミスのインフラとクラウドサービスは何が違うのかという点だ。両者の間で明確に異なる点を考察する。(2020/8/18)

動的型付け言語の弱点をカバー
Pythonコードの脆弱性を検知する「AppSec」
動的型付け言語(動的言語)の場合、変数に値が代入されるまで型が決定されないため、静的テストでは十分な検証ができない。動的言語の一つであるPythonもこの問題を抱えている。(2020/8/11)

メリットと注意点を整理
「Google Cloud VMware Engine」とは? VMwareの仮想マシンをGCPで動かす
Google Cloud PlatformでVMware製品を利用できる「Google Cloud VMware Engine」は、企業にどのようなメリットをもたらすのか。利用を検討する際の注意点とは。(2020/7/6)

「ぶっつけ本番の全社テレワーク」から次のステップへ
今こそ「ユーザーの声に耳を傾けろ」“信頼されるIT部門“への変革とは
パンデミックを機に突如として始まったテレワーク。慌てて機器を調達して環境を整備した企業も少なくないだろう。今回の感染症の問題を機に今後働き方が大きく変わるだろうといわれる中、“付け焼き刃”での対応に意味があるのだろうか。(2020/6/18)

ITIL導入を成功に導くための基礎知識【前編】
「ITIL」はなぜ必要なのか? 導入のメリットを整理
「ITIL」は組織のITサービス運営の助けとなる書籍群で、フレームワークとしても利用できる。ITILの基本事項と、ITILが組織のIT運用に役立つ理由を説明する。(2020/4/3)

コンテンツ管理の基礎知識
いまさら聞けない「コンテンツ管理製品」とは? 4大“常識”製品を紹介
「コンテンツ管理」システムは単なるドキュメント管理から、コラボレーションまで機能を広げている。もはや「常識」とも言える4種類のコンテンツ管理システムの役割をおさらいする。(2020/3/16)

内部・外部運用を問わず必要な要件
いまさら聞けない「セキュリティオペレーションセンター」(SOC)の3大機能
「セキュリティオペレーションセンター」(SOC)には何が必要だろうか。自社を脅威から守るためのSOCが備えるべき、主要機能を理解しておこう。(2020/2/19)

マンガで解説:ありすぎて泣けるIT課題
コラボレーションツールに期待が集まっても、意外と普及しないのはなぜ?
「Slack」や「Microsoft Teams」のようなコラボレーションツールは、組織の活性化に貢献する手段として期待が高まっています。しかし導入しようとするとスムーズにいかない場合も。普及が進まない理由とは。(2020/2/21)

開発ライフサイクルの早め方
AWSに聞いた、ビジネスの俊敏性を高めるために開発現場が考えたいこと
あらゆるものがデジタル化し変わろうとする中、企業には環境変化への対応力が求められる。俊敏性を高めるために、開発現場と組織が考えるべきこととは。(2020/2/7)