メインフレームは生き残るのか?【後編】
メインフレームが“消える”どころか「AI時代に息を吹き返す」のはなぜ?
これからメインフレームが再び注目を集める可能性がある。それを促す要因の一つが、AI技術の活用が進むことだ。メインフレームの活用にどのような影響を与えるのか。(2024/3/29)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
最新鋭のサーバに組み込まれたネイティブセキュリティ機能、その優位性とは?
インフラの拡張や分散に歩調を合わせるかのように、サイバー脅威も高度化と巧妙化を続けている。こうした状況で注目されているのがハードウェアレベルで組み込まれたセキュリティでインフラとライフサイクル全体をカバーする新鋭サーバだ。(2024/4/3)

3つのネットワーク領域を管理【前編】
「DNS」「DHCP」「IPAM」をまとめた「DDI」とは何か? なぜ必要なのか
DNS、DHCP、IPAMを管理する「DDI」というネットワーク管理の考え方がある。まだ注目が集まっているとは言えないが、今後は欠かせない仕組みになる可能性がある。(2024/3/13)

2大開発手法を比較【前編】
いまさら聞けない「ウオーターフォール」と「アジャイル」の基本的な違い
代表的なシステム開発手法として、ウオーターフォール型開発とアジャイル型開発がある。それぞれどのようなルーツや特徴を持つのか、基本をおさらいしよう。(2024/3/7)

失敗しないセキュアコーディング【後編】
安全なコードを書いただけでは「セキュアコーディング」にならないのはなぜ?
ソフトウェア開発ライフサイクルにおいて、リスクを削減、管理するために「セキュアコーディング」に取り組むことは重要だが、その方法を誤解してはいけない。コーディング以外にも注意すべきこととは。(2024/3/6)

IT部門が本来行うべきコア業務に集中するために
PC調達・運用管理のこれからの常識 LCMフルアウトソーシングのススメ
いまや企業の成長にはITの戦略的活用が欠かせない。IT部門に求められる業務も大きく変化している。リソースをIT戦略立案やDXの推進といったコア業務に集中するため、従来の定常業務の負荷軽減は必須。そのための有効な方法を探る。(2024/3/8)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第4回】
ESXiサポート終了後では遅い 「ハイパーバイザー移行」を考えるもっともな理由
各ベンダーが提供するハイパーバイザーには一定のサポート期間がある。サポート期間が終了する前にハイパーバイザーの移行を検討すべき理由や、検討時に確認すべきベンダーのサポート体制、移行の選択肢とは。(2024/3/29)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第3回】
ESXi「サポート切れ」後の代替候補になるHyper-V、KVM、AHVの違いはこれだ
「VMware vSphere」や「ESXi」のサポート終了は、ハイパーバイザーの移行を検討する機会になる。「Hyper-V」「KVM」「Nutanix AHV」など、主なハイパーバイザーの特徴や比較するときのポイントを説明する。(2024/3/28)

業務用端末のリサイクルで得られる利点【後編】
「PC」や「スマホ」を“ごみ”にするよりリサイクルするのがお得な理由
不要な業務用端末を廃棄するときは、できる限りリサイクルを選択することが企業経営にも良い影響を与える。それはなぜか。適切な廃棄プロセスとリサイクル戦略を策定するためのヒントを説明する。(2024/2/16)

業務用端末のリサイクルで得られる利点【前編】
「PC」や「スマホ」をいいかげんに捨てたら“絶対NG”な理由
企業のIT管理者は、業務用デバイスの調達だけでなく廃棄のプロセスも入念に計画を立てるべきだ。デバイスを廃棄する際に、できる限りリサイクルを選択することにはさまざまな利点がある。それは何か。(2024/2/3)

停滞するストレージの技術進化【前編】
ストレージが進化しない理由は“売れない”から? なぜ企業は買わないのか
2023年のストレージ市場では、ソフトウェアの開発は進んだものの、ハードウェアの技術開発は鈍化傾向にあった。ハードウェア面でストレージの革新的な新技術が登場しなかったのはなぜなのか。(2024/1/29)

米国特許商標庁から学ぶデジタル変革【後編】
数カ月を要した脆弱性対策をたった1日で――「遅い」を払拭した政府機関の改革
政府機関は腰が重い――。そのイメージを、米国特許商標庁(USPTO)はデジタル変革を通じて払拭した。具体的に何を変えたのか。組織面から成功のポイントを考える。(2024/1/19)

トムソン・ロイターが考える倫理的なAI活用【中編】
「現場の業務理解が不可欠」とデータガバナンス管理者が強調する訳
Thomson Reutersでデータガバナンスを管轄する経営幹部は、ルールや倫理綱領を従業員に周知徹底するに当たって、全従業員の多種多様な業務の流れを全て理解したという。その理由は。(2023/12/26)

情シスが本来の業務に集中するために
大量PCのキッティング作業と導入を簡単に効率化する方法
企業をはじめ、官公庁、教育機関、医療機関、それらの組織にPCを納入する事業者など、PCを大量に調達、供給する事業者にとってキッティングは面倒で時間のかかる作業だ。これを効率化するヒントを専門家が語った。(2023/12/22)

トムソン・ロイターが考える倫理的なAI活用【前編】
「データガバナンスは大きな喜び」 トムソン・ロイター経営幹部インタビュー
Thomson Reutersでデータガバナンスを管轄する経営幹部のカーター・クシノー氏は、自身の経歴を生かして「倫理的なデータ活用」のポリシーを構築することに大きな喜びを抱いていると語る。その内容とは。(2023/12/19)

IT資産管理ツールとBPOの活用によりDX推進に注力
IT資産のライフサイクル管理とセキュリティ対策を効率的に徹底する方法とは
企業を取り巻く環境は日々変化し、PCなどのIT資産のライフサイクル管理業務やセキュリティ対策業務が煩雑化かつ増加している。管理業務の工数を削減し、DX推進といったコア業務にリソースを集中するためには何が必要なのか。(2023/12/15)

クラウドが高い原因はリソースの無駄?【後編】
AWS、Azure、GCPの「クラウドコスト」を抑制する“定番の方法”とは
AWSとAzure、GCPという3大クラウドサービス群では、コストを可視化して削減するためのツールの利用が可能だ。ツールの活用によってコストの可視化や、コスト抑制の計画を立てることができる。(2023/11/14)

避けては通れない「BYOD」【中編】
企業はもう「BYOD」(私物端末の業務利用)を禁止できない?
「BYOD」(私物端末の業務利用)は、BYODを認めていない企業を含めて、あらゆる企業にとって無視できない存在になりつつある。その理由と、企業が取るべき対策を解説する。(2023/11/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ハイブリッドワークやWindows 11への移行を見据えた、PC選定・運用の新手法
ハイブリッドワークが主流になりつつある今、PCに求められる要件が変化している。Windows 11搭載PCへの移行を検討する企業も増えているが、情報システム部門の負担を軽減しつつ、効果的なIT投資を実現するにはどうすればよいのか。(2023/3/19)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第2回】
VMware vSphereのバージョン6、7、8の違い バージョンアップの利点とは?
「VMware vSphere 6.0」のサポートが終了する。vSphereのバージョンアップをすることでユーザー企業はどのようなメリットが得られるのか。移行先のハードウェア選びのポイントと合わせて説明する。(2023/11/22)

プログラミングのこれまでとこれから【第4回】
大人気になるプログラマーやエンジニア職「10選」はこれだ
世界的な不況が起きても、プログラマーやエンジニアなど技術職の雇用市場は活況だ。その中でもこれから特に需要が高まり、“引く手あまた”になる職種「10選」と、その仕事を紹介する。(2023/10/30)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第2回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」を比較 Kubernetesクラスタ管理の違いは?
「Kubernetes」クラスタの運用管理ツールにはさまざまな選択肢がある。自社の要件に合うツールを選ぶために、「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」が備える管理機能を学ぼう。(2023/10/23)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第1回】
「Kubernetesクラスタ」運用の基礎解説 まずやるべき“大原則”とは?
企業によって「Kubernetes」クラスタの運用管理に求める要件は異なるものの、運用管理において実施すべき操作、考慮すべき原則は共通している。具体的に何をすべきなのか。(2023/10/19)

IDおよびアクセス管理の手引き【前編】
パスワードレス化も当然に? これからの「IDおよびアクセス管理」(IAM)
IDを狙う攻撃が激化するにつれ、企業のIAMツールに対する期待が高まっている。実用的なIAMツールが備えるべき機能とはどのようなものか。(2023/10/18)

診断に要するコストや事前調整の手間も削減
年1回の脆弱性診断では不十分、アジャイル開発に適した脆弱性対策とは?
AIをベースにWebサービスを展開し、迅速に機能改善を加えるみらい翻訳では、その開発プロセスと、年に1回の脆弱性診断との間にある、ライフサイクルの不一致が課題となっていた。“外部診断頼り”を脱却すべく、同社が採用した方法とは。(2023/10/18)

責任あるAI利用とは【第2回】
AIに本気なら考えたい「責任あるAI」の4つの指針
企業がAI技術をビジネスに取り入れ、長期的に利益を生み出していこうとするならば、今後考慮すべきはリスクだ。その際に重要となる4つの指針を紹介しよう。(2023/10/12)

開発や運用における「生成AI」の実力【第5回】
ChatGPTを使うのか、独自LLMを作るのか どちらが賢い選択?
「ChatGPT」をはじめとする生成AIの登場で、エンジニアの仕事は消えるという懸念が広がっているが、それは早まった見方だ。より賢く見るには、生成AIの現状を見極める必要がある。(2023/10/9)

脆弱性「組み合わせ」でSAP攻撃【前編】
SAP製品を狙った“深刻な手口”が判明 複数ツールの脆弱性を悪用か
既知の脆弱性をうまく組み合わせれば、SAP製品への攻撃ができると、セキュリティベンダーOnapsisは警鐘を鳴らす。同社が発見した恐ろしい攻撃手法とは何か。(2023/10/4)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第4回】
SUSEの「RHEL代替品」は“朗報”なのか、野望に終わるのか?
Red Hatの「RHEL」の代替製品を開発し、Linux市場で攻勢を掛けるSUSE。今後の課題になるのは、RHEL代替製品をどう普及させるかだ。同社のCEOとCTOの考えは。(2023/10/3)

DXを失敗させないための基本【第9回】
KFCはなぜDXから「収益」を生み出せるのか? CTOが語るシンプルな理由
KFCがDXを進める上で大切にしているのは、消費者と従業員を深く理解することだという。どういうことなのか。その背景をKFCのCTOに聞く。(2023/9/28)

システム開発と生成AI【後編】
生成AIでもローコードでもない「システム開発の本命」とは何か?
生成AIやローコード開発ツールが使われるシステム開発には、今後何が求められるのか。ローコード開発ツールベンダーOutSystemsの創業者兼CEOが解説する。(2023/9/28)

システム開発と生成AI【前編】
「生成AI」と「ローコード」がむしろ“開発者不足”を招く現実 その理由は?
生成AIの登場は、システム開発にどのような変化をもたらしたのか。ローコード開発ツールベンダーOutSystemsの創業者兼CEOが解説する。(2023/9/15)

BroadcomによるVMware買収がもたらす変化【第4回】
「VMware製品が使えなくなる」可能性は本当か? 真偽を問う“3つの理由”
BroadcomによるVMwareの買収で、欧州委員会をはじめとした規制当局はVMware製品の相互運用性が失われることを懸念している。しかしこの懸念は、実態に即していない可能性がある。その理由とは。(2023/9/8)

生産性を高めるPC管理術【第4回】
「要らないPC」を賢く処分する“4つの方法”
PCのライフサイクルにおいて最終地点となる処分。企業はどのような処分方法を選択すればいいのか。4つの方法を紹介する。(2023/8/21)

オフィス回帰は是か非か【中編】
週5出社にしたら社員も入社希望者も消えた――テレワークをやめた会社の悲劇
テレワークとオフィスワークのどちらを推進すべきなのか。双方を組み合わせる場合、どのような割合がベストなのか。これらの問いへの答えは、企業と従業員で大きく異なる可能性がある。両者の間にあるギャップとは。(2023/8/19)

生産性を高めるPC管理術【第3回】
PCをできるだけ長く使い続けるための“延命策”はこれだ
一般的には数年置きに必要になるPCの交換。コストや手間を考慮すると、できるだけPCを長く使えるのが良い選択になることがある。PC延命のこつを紹介する。(2023/8/14)

オフィス回帰は是か非か【前編】
テレワークをやめたら社員が辞めた――「週5出社」に戻した会社の末路
オフィスワークへの回帰は、企業にとってメリットばかりとは限らない。パンデミックでのテレワーク移行から一転して、オフィスワーク推進にかじを切った企業は、どのような“悪夢”に直面したのか。(2023/8/11)

陰りを見せる「AI」ブーム【前編】
「生成AIブーム」が長くは続かない訳 人気衰退は“必然”か
世界中で人工知能(AI)技術がブームになっているが、この状況は近いうちに終わるという見方がある。AI技術の今後の普及に大きく影響する、ある深刻な問題とは何か。(2023/8/8)

生産性を高めるPC管理術【第2回】
「PCの寿命」を無駄なく使い切るベストな方法
数年置きで交換することになるPCを、できるだけ無駄なく使うためにはどのような点に注意すればいいのか。交換周期や、メンテナンスの必要性を賢く判断するポイントとは。(2023/8/7)

銀行のイノベーションとシステム開発事例【中編】
システム開発で「あの工程を大幅削減」した銀行の先進事例は何がすごい?
東南アジアの銀行大手DBS Bankは、社内で開発したポータルサイトを用いて開発業務の生産性向上に取り組む。このポータルサイトは、どのような点が高く評価されているのか。(2023/7/6)

テレワーク「デバイス」の選び方【中編】
定額制PC「PCaaS」の魅力と“後悔”しないためのチェックポイント
クライアントデバイスを調達する手段として「PCaaS」(PC as a Service)がある。PCaaSは便利な一方、幾つかの注意点がある。それは何なのか。(2023/6/21)

スマートフォンの“消費期限”とは【第5回】
「OSサポート残り1年のスマホ」を3年後まで使ってはいけない理由
スマートフォンの賢い利用には、セキュリティの考慮が不可欠だ。スマートフォンを安全に利用するためには、OSのサポート期間を考慮する必要がある。それはなぜなのか。(2023/6/8)

スマートフォンの“消費期限”とは【第1回】
高くても「古いスマートフォンを使い続けてはいけない」のはなぜ?
スマートフォンを賢く利用するには、適切なタイミングでの「買い替え」が大切だ。スマートフォンを買い替えないまま使い続けると、さまざまな問題が生じる可能性がある。どのような問題があるのか。(2023/5/13)

“大成功した無線通信”の歴史と今後【第6回】
「1G」「2G」「3G」は何が違う? モバイル通信はこうして変わった
企業が利用する“2大無線通信”と言えば無線LANに加えて、移動通信システムによるモバイルネットワークを挙げることができる。モバイルネットワークは、世代を重ねるごとにどのように進化してきたのか。(2023/5/9)

GitHubデータ流出の全貌【後編】
“GitHubの漏えい”はひとごとじゃない なぜ「マシンID保護」が重要なのか?
GitHubは、同社のリポジトリに不正アクセスがあったことを公表した。この問題から浮かび上がるのが、「マシンID管理」の重要性だ。なぜ重要なのかを、専門家の見解に沿って解説する。(2023/4/13)

スマートフォン利用の今後を占う【後編】
スマホには「eSIM」を使うべき理由とは? SIMカードとの違いが明白に
「SIMカード」と「eSIM」はどちらも、通信サービスに必要な加入者情報を記録する。スマートフォンの利用者や事業者は、今後はどちらを使うべきなのか。(2023/2/20)

スマートフォン利用の今後を占う【前編】
「SIMカード」と「eSIM」の違い 使うべきなのはどっち?
研究機関が実施した試験は、「SIMカード」と「eSIM」に関して、今後のスマートフォン利用に大きく影響する可能性のある違いを示した。その差とは。(2023/2/13)

「ChatGPT」は開発者を不要にするか【後編】
ChatGPTが宣告 「プログラマーはコーディングさえできればよい」時代の終わり
OpenAIの「ChatGPT」をはじめとするジェネレーティブAIの台頭は、アプリケーション開発に変化を促す。こうした中で開発者が成功し続けるためには、新たなスキルが必要になると専門家は述べる。それは何なのか。(2023/1/31)

オンプレミスの運用知見だけでは思わぬ落とし穴も
DXを左右するクラウド活用、どのサービスを採用しどこまで社内で対応すべき?
DX推進に欠かせないクラウドだが、その活用に精通した人材は少ない。クラウドのライフサイクルでは、サービスの選定や既存システムとの接続、セキュリティ、運用保守など多様な工程がある。どこまで社内でカバーできるのかの見極めが必要だ。(2023/1/27)

オブザーバビリティの現在と未来【後編】
理想の「オブザーバビリティ」(可観測性)が難し過ぎる理由
システム障害の予測と防止に役立つ「オブザーバビリティ」。New Relicの調査によると、企業におけるオブザーバビリティ実現は難航している。オブザーバビリティの阻害要因とは。(2022/12/12)