メインフレームが“消える”どころか「AI時代に息を吹き返す」のはなぜ?メインフレームは生き残るのか?【後編】

これからメインフレームが再び注目を集める可能性がある。それを促す要因の一つが、AI技術の活用が進むことだ。メインフレームの活用にどのような影響を与えるのか。

2024年03月29日 08時00分 公開
[Ed ScannellTechTarget]

 「終わりが近い」とささやかれてきたメインフレーム。その見方に反して、企業はまだメインフレームを使い続けると考えられる。移行の困難さや代替が簡単ではないことも背景にあるが、今後の重要な要因になる可能性があるのがAI(人工知能)技術の普及だ。メインフレームが使われる期間にどのような影響を与えるのか。

AI時代に「メインフレーム」が再び脚光を浴びる理由

 これからの時代はビジネスプロセスの自動化が欠かせない。ITコンサルティング企業Communications Network Architectsでプレジデントを務めるフランシス・ジュベック氏によると、データベースベンダーは自動化とオーケストレーション(設定や管理、運用のプロセスの自動化)に優先して取り組んでいる。AI技術を活用すれば、大半の業務プロセスを自動化できる。アナリストが有望視する生成AIツールとして、AIベンダーOpenAIの「ChatGPT」やGoogleの「Gemini」などがある。

 急成長するAI時代に課題となるのが、CPU(中央処理装置)やメモリ、ストレージへの負担だ。AIモデルのトレーニングや大規模言語モデル(LLM)の処理に用いるデータセットがますます大規模化する中で、メインフレームが脚光を浴びている。最新世代のメインフレームや、メインフレーム向けのストレージは、従来よりも処理の高速化とコスト効率の向上が進んでおり、AI技術の活用に適するからだ。

 AI技術を活用して運用支援や運用の自動化を進めることで、メインフレーム運用を担う人材を見つけやすくなることも重要な視点だ。長年にわたりメインフレーム運用に携わってきたベテラン技術者が引退する中で、メインフレーム技術者の不足が深刻化している。これからは、メインフレームの経験がなくてもAI技術に精通する人材を採用して、運用保守を任せることができる。

 上述した要因を踏まえると、メインフレームのライフサイクルは長期化する傾向にあるといえる。メインフレームの運用チームは今後を見据えて、アプリケーションのドキュメントを作成して適切に保管することが重要だ。さらにセキュリティ強化に向けて管理ツールや監視ツールを活用する他、ロールベースのアクセス制御の実装や、データベースの定期的な整理整頓にも取り組むべきだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...