「メインフレーム脱却」を拒み続ける“亡霊”の正体メインフレームは生き残るのか?【前編】

終わりが近いとささやかれてきた「メインフレーム」は、依然として現役で企業ITの中心的な役割を担っている。企業が“脱メインフレーム”に踏み切らない背景には、何があるのか。

2024年03月15日 08時30分 公開
[Ed ScannellTechTarget]

 一部のITベンダーは「メインフレームの役割は終わる」と言い続け、代替技術を提案してきた。確かにメインフレームがサーバ市場に占める割合は減少傾向にある。だが、「メインフレームを捨てる」という選択をする企業はほとんどないという。その背景には何があるのか。

「脱メインフレーム」に立ちはだかる“亡霊”とは

 ソフトウェアベンダーMicro Focusがブログで2022年2月に公開したエントリ(投稿)によると、メインフレームのアプリケーションを構築しているプログラミング言語「COBOL」のアクティブコード行はおよそ8000億行に上るという。この数字は「脱メインフレーム」を推進するITベンダーの想定を大きく上回るものだと考えられる。少なくとも今後10年間、企業の大半はCOBOLで書かれたメインフレーム用アプリケーションを使用し続けることになるだろう。

 米ITコンサルティング企業J. Gold Associatesでプレジデント兼プリンシパルアナリストを務めるジャック・ゴールド氏は、「メインフレームがいまだ存在する理由の一つに、メインフレームで稼働するデータベースの存在がある」と指摘する。

 メインフレームは「命令セットアーキテクチャ」(ISA)で構成されている。ISAはデータベースの各種機能を活用できるよう調整されてきた。一方のデータベースベンダーもユーザー企業の要望に基づき、メインフレーム向けに製品を改良してきた歴史がある。こうした製品の進化が、ユーザー企業のメインフレーム脱却を阻む要因の一つとなっている。

 さらに、メインフレーム上で稼働するデータベースをクラウドサービスや分散システム(複数のコンピュータが処理を分担するシステム)に移行する際、膨大な労力がかかる。一方で、メインフレームを維持する場合はハードウェアをアップグレードするだけで済むため、企業にとっては後者の方が選択しやすい。


 中編は、メインフレームのクラウド移行を困難にする要因を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。