Chrome「サードパーティーCookie」廃止後に使える“2大代替手段”はこれだ規制が進む「Cookie」問題【後編】

プライバシーの観点から、“脱サードパーティーCookie”の流れが加速する見込みだ。GoogleはChromeにおけるサードパーティーCookie廃止に乗り出した。代替手段はあるのか。

2024年03月18日 08時30分 公開
[Mary Reines, Don FluckingerTechTarget]

関連キーワード

cookie | Google Chrome | Google | マーケティング


 Googleは2024年下半期までに、同社のWebブラウザ「Google Chrome」(以下、Chrome)における「サードパーティーCookie」の全廃を目指す計画だ。サードパーティーCookieとは、エンドユーザーの訪問先Webサイトとは異なるドメインが発行したCookieを指す。サードパーティーCookieを活用してきた企業は、その代替手段を考えなければならない。

「サードパーティーCookie」の“2大代替手段”はこれだ

 サードパーティーCookieの廃止が、「CDP」(顧客データプラットフォーム)の導入に火をつけた――こう話すのは、CDPに関するベンダー中立の研究機関CDP Instituteの創業者デービッド・ラーブ氏だ。

 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の「Facebook」やGoogleの検索エンジンで表示されるオンライン広告は、出稿側に閲覧者の身元を開示しない。一方でCDPは、閲覧者の特徴を指定したり、特定分野の広告表示を制限したりするなど、出稿側がきめ細かくコントロールできる。

 サードパーティーCookie廃止後は、Webサイトの運営企業が設定する「ファーストパーティーCookie」を活用する手もある。一方で、「広告を出稿する組織の半数以上は、サードパーティーCookie廃止後に向けた準備がまだできていない」とラーブ氏は話す。

 GoogleはサードパーティーCookieを使用する広告仲介業者などの反発を受け、サードパーティーCookie廃止を延期してきたが、2024年1月にChromeユーザーの1%を対象に「Tracking Protection」(トラッキング防止)措置を導入。WebサイトのサードパーティーCookie利用を制限し、Webサイトを横断するトラッキングの規制に乗り出した。

 ラーブ氏は今回のGoogleの動向を踏まえて「ChromeのCookie廃止は2024年に本格化する」とみている。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...