2020年10月17日 08時30分 公開
特集/連載

スマートフォンの値下げが止まらない、新型コロナ以上に深刻な理由「iPhone 12」が流れを変えるか

低価格モデルの投入や発売直後の値下げなど、デバイスベンダーの間でスマートフォンの価格を下げる動きが広がっている。パンデミックによる影響は否定できないが、アナリストはより根本的な問題があるとみる。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

ビジネスPC | モバイル端末


 デバイスベンダーは近年かつてなく価格が高騰していたスマートフォンの値下げを強いられている。例えばSamsung Electronicsは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)が始まった2020年3月、北米で「Galaxy S20」を999ドルで発売したが、数週間で値下げしなければならなかった。「Samsung Electronicsは非常に高額な価格設定に打って出たが、計画した台数のごく一部しか売れなかった。彼らの賭けは失敗に終わった」と、調査会社IDCのアナリストであるライアン・リース氏は説明する。

 Appleは2016年に、主力モデルの他にローエンドの選択肢も必要だと考え「iPhone SE」を発売した。Huawei TechnologiesとXiaomiも、300〜500ドルながらも機能豊富なスマートフォンを市場に投入している。

 調査会社Gartnerは2020年8月に発表した2020年第2四半期(4〜6月期)の市場調査結果で、スマートフォンの世界販売台数が前年同期比で20.4%減少したと説明している。同年第1四半期(1〜3月期)も前年同期比で20.2%減だったことから、スマートフォンの需要が依然として弱いことを示す。IDCが2020年8月に発表した報告も同様で、2020年第2四半期のスマートフォンの需要は前年同期比17%減となった。

 COVID-19のパンデミックが直近のスマートフォン販売減をもたらし、それが価格低下につながったことは容易に想像できる。だが価格低下の原因は、スマートフォンそのものにあるとアナリストはみる。

スマートフォンを値下げせざるを得ない“あの理由”

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...