2016年05月16日 07時00分 公開
特集/連載

「iPad」やスマートフォンを“金のなる木”に変えた4つの事例トヨタ自動車の事例も紹介

モバイルデバイスを本格的に活用するには、会社の業務様式を再考しなければならない。よく練られたモバイル化プロジェクトであれば、IT部門が会社の利益を増やし、従業員の生産性を高める後押しとなるだろう。

[Maribel Lopez,TechTarget]
よく練られたモバイル化プロジェクトは利益を生み出す(TechTargetジャパン「徹底レビュー: 9.7インチ「iPad Pro」が誇る“他のタブレットがどうしても超えられない強み”」より)

 ほぼ全てのビジネス部門の責任者は、変革が必要不可欠なものだと認識している。製品、顧客、競合企業はいずれも変化する。ビジネスの世界は絶えず変化しているのだ。

 この状況こそ、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを生かす適切なプロジェクトによって、ビジネスプロセスを変える好機になる。モバイル化プロジェクトで成功を収めるのは、単に既存のデバイスを新しいフォームファクター(規格や形状)に置き換えることではない。最良のモバイルエクスペリエンスは、従業員の働き方と顧客のブランドとの関わり方に変化をもたらす。

 ビジネスプロセスを改善するために、位置情報ベースのサービスやカメラといったモバイルデバイスの機能を取り入れている企業もある。それ以外にもセンサーやウェアラブル端末を使って情報を収集し、ワークフローに新しい洞察を与えている企業も存在する。

 本稿では、業務スタイルを変えるためにモバイル化プロジェクトを活用している企業を幾つか紹介する。

利益増加につながる強固なユーザーエクスペリエンスを作る

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...