“ノーコード/ローコード”のソフト開発が浮上、問われるのは開発者の思考に高速開発ツールが後押し

企業のアプリケーション開発が変化しつつある。「開発者」の定義が変化し、業務部門のメンバーによる市民開発者の存在が主流になりつつある。これを後押しするのがノーコード/ローコードのアプリケーション開発ツールだ。

2017年02月07日 12時00分 公開
[Joel ShoreTechTarget]

関連キーワード

アプリケーション開発 | DevOps


6つの事例が示す 注目を集める「超高速開発」ツールの真価(出典:ガートナー、2016年3月)《クリックで拡大》

 ソフトウェア開発の仕事は流動的な状況にある。モバイルコンピューティングはアジャイルによってただでさえ数週間に短縮された開発サイクルを、わずか数日に圧縮している。DevOps(DevOpsは、開発・運用の壁をなくすプラクティスを指す)は、アプリケーション開発を運用に絡ませた。ノーコード/ローコードツールはアプリケーション開発をプロのプログラマーの仕事から格下げさせ、いわゆる市民開発者を後押ししている。

 2017年はアプリケーション開発者にとってどんな年になるのか。EMC、RSA Security、Adobe Systemsを経て現在はノーコード/ローコードを手掛けるQuickBaseで製品・企業マーケティング責任者を務めるジョン・キャリオン氏に話を聞いた。ソフトウェア開発は変化しつつあり、それは開発者にとっての変化を意味する。1961年のトワイライトゾーンのエピソード「The Obsolete Man」はこのトレンドを正確に予言していたのか。

――マイクロサービスやコンテナ、ノーコード/ローコード開発ツールが台頭する中で、ソフトウェアエンジニアやソフトウェア開発の仕事に何が起きるのか。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...