2021年06月18日 05時00分 公開
特集/連載

深刻な人材不足を招いた“真犯人”は「手厚い失業手当」だった?「慢性的人手不足」の原因を探る【前編】

McDonald'sやAmazonが、人材採用の促進のために従業員の賃金を上げる取り組みを実施した。人材不足は時給制の仕事だけでなく、専門職の採用にも影響している。慢性的な人材不足の背景にあるものとは。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

人事


 大手ファストフードチェーンのMcDonald'sは2021年5月、自社所有の飲食店での賃金を1時間当たり平均10%引き上げることを発表した。Amazon.comは同月にフルフィルメントセンターとロジスティクスセンターで働く従業員7万5000人を、平均時給17ドルの初任給で雇用する計画を発表済みだ。住宅リフォーム会社のLowe's Companiesは同月、フルタイムの正社員やパートタイム労働者などを5万人採用する「National Hiring Day」(全国採用デー)を開催した。

 時給制の仕事だけが人材不足というわけではない。企業は、さまざまな職種で求人を増やしている。米国労働統計局が2021年5月に発表した調査結果によると、同年3月の求人件数は810万件。中でも専門職を含む「専門家およびビジネスサービス」カテゴリーは、特に求人ニーズが高いカテゴリーだった。このカテゴリーは幅広い業界をカバーしており、金融業界やコンピュータ関連業界などを含む。

 調査会社Gartnerの調査によると、求職者の50%以上が、働き方の自由度が高くなければ求人には応じないと答えている。同社で人事調査担当の責任者を務めるブライアン・クロップ氏は、企業は賃金引き上げの準備をしなければならないと指摘する。「多くの企業が、厳しい労働者市場で競争する方法は賃金アップだと確信している」(クロップ氏)

人材不足が止まらない理由は「手厚い失業手当」?

 採用難とそれに伴う賃金上昇は、米国政府の政策がその責任の一端を担っているという意見がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...