マーケティングを強化したい中小企業に「モバイルアプリ」が役立つのはなぜ?中小企業にモバイルアプリが必要な7つの理由【中編】

モバイルアプリケーションはさまざまな観点からCX(顧客経験価値)を強化するのに役立つ。マーケティング活動やオンライン購買促進において、モバイルアプリケーションが担う役割とは。

2022年08月15日 08時15分 公開
[Andrew FroehlichTechTarget]

 中小企業(SMB)がカスタマーエクスペリエンス(CX:顧客経験価値)を向上させるためにモバイルアプリケーションを使うとよい理由を紹介する本連載。中編は、2つ目と3つ目の理由を解説する。

理由2.マーケティング活動の強化

 マーケティング活動の主な目的は、新製品や新サービスを顧客にアピールすることだ。新製品や新サービスの見込み客は、モバイルアプリケーションを積極的に探してインストールする可能性がある。つまりモバイルアプリケーションの強化は、マーケティング活動を強化することにつながり、貴重な見込み客を引き込む助けとなる。SMBのマーケティング担当者は、顧客がモバイルアプリケーションをいつ、どのように利用しているのかをモニタリングし、分析することで、特定の顧客をターゲットにする販促戦略を立案しやすくなる。

 SMBはマーケティングキャンペーンを複数立ち上げたり、実施するキャンペーンを素早く切り替えたりするためにもモバイルアプリケーションを利用できる。通常、モバイルアプリケーションでの広告は、ラジオ、テレビ、印刷広告など、従来の宣伝方法ほど費用がかからない。これは予算の少ないSMBにとってはメリットとなる。SMBのマーケティング担当者は、特定グループをターゲットとするモバイルアプリケーションでのマーケティング活動によって、需要を生み出したり、市場での勢いを強めたりすることが可能だ。

理由3.オンラインショッピングの促進

 モバイルアプリケーションでのオンラインショッピングは、顧客が製品やサービスを注文する際の有力な手段となる。消費者はモバイルアプリケーションでのオンラインショッピングが普及するまで、モバイルアプリケーションでの商品注文、特に高額商品を注文するのにためらいがあった。スマートフォンを通じた購入に慣れるにつれ、消費者はモバイルアプリケーションを通じた購買行動を好むようになった。調査会社Statistaのレポートによると、米国におけるモバイルデバイスでの1注文当たりの平均購入額は、2020年第3四半期(7〜9月)の97.4ドルから、2021年第3四半期には125.6ドルに増加した。


 後編は、4つ目から7つ目の理由を解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...