いまさら聞けない「メタバース」の基礎知識 その語源や主要技術は?メタバースを安全に活用する方法【第1回】

IT大手が注力する、次の大きなトレンドが「メタバース」だ。企業にビジネス改革をもたらす可能性がある一方で、さまざまなセキュリティリスクもある。まずはメタバースをざっくりと理解しよう。

2022年08月15日 08時15分 公開
[Ashwin KrishnanTechTarget]

 「メタバース」(巨大仮想空間)の活用は、従業員のモチベーションを高めたり、顧客や取引先との関係を深めたりと、企業にさまざまなメリットをもたらす可能性がある。一方でセキュリティの新たな課題も生み出す。企業はメタバースの活用を検討するに当たり、セキュリティのリスクを知って対策を講じることが重要だ。

 企業の間では、メタバースの概念の認識は広がりつつある。だが個人情報の保護といった、安全な活用に必要なノウハウの認知は広がっていない。本稿は企業がメタバースを安全に利用するための注意点を紹介する。

いまさら聞けないメタバースとは? セキュリティ向上を目指すための基礎知識

 メタバースは、ギリシャ語で「超える」を意味する「meta」と、「宇宙」「世界」を意味する「universe」の一部である「verse」を組み合わせた言葉だ。画面の中にある「もう一つの世界」であるメタバースで、人々はつながり、買い物を楽しんだり、仕事の打ち合わせをしたりと、プライベートやビジネスを問わず、さまざまな交流ができる。メタバースを実現するための技術は、主に仮想現実(VR)技術と拡張現実(AR)技術の2つだ。

 VR技術は、専用のヘッドマウントディスプレイ(HMD)を通してユーザーに人工的な仮想空間を提示する。ユーザーはその仮想空間に“没入”し、手や足を動かすことで内部を移動したり、物を動かしたりできる。

 AR技術は、現実の空間にデジタルデータを重ね合わせ、現実空間と仮想空間を融合させる。VR技術ほどの没入感はもたらさないが、ユーザーは現実世界で周囲を見ながら交流できる。

 主要なメタバース関連ツールには、MicrosoftのHMD「HoloLens」やWaze Mobileのナビゲーションアプリケーション「Waze」がある。Wazeは、GPS(全地球測位システム)でユーザーの位置情報を把握し、デジタル地図に渋滞や工事といった交通情報を表示する。これらのツールはユーザーの位置を確認したり、意図を推測したりすることから、プライバシーの保護が重要な課題となっている。


 第2回は、企業がメタバースを利用する際のセキュリティ課題を考える。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...