「セキュリティのためのAI技術」の未来はなぜ明るいのか?セキュリティ分野でのAI技術のROI【後編】

AI技術の用途はさまざまだ。中でもセキュリティのためのAI技術は、特に今後の成長が見込めるという。それはなぜなのか。

2022年08月10日 05時00分 公開
[Jerald MurphyTechTarget]

 昨今、AI(人工知能)技術は新しい問題の解決に実戦投入されている。レストランチェーンを運営する企業においては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて、顧客の行動パターンが大きく変化した。

「セキュリティのためのAI技術」はなぜ伸びるのか?

 レストランでは、いまや注文はモバイルアプリケーションで受けて、キッチンに直接連絡されるようになっている。こうした状況においては、注文の優先順位付けにおいてAI技術が大いに役立つ。この場合のROI(投資対効果)は、パンデミックによる需要の落ちこみを取り戻した時点で節約できた時間で測定する。

 もう一つ例を挙げよう。銀行では、在宅勤務中の従業員も社内システムへのアクセスが必要になっており、大手銀行は利用者の行動の変化に対処する必要に迫られている。

 テレワークにおけるセキュリティの脅威の高まりや、VPN(仮想プライベートネットワーク)をはじめとするネットワークリソースの負荷増大への対策として、AI技術の導入によりデータを監査し、対処が必要な重要イベントを識別する方法がある。事前の定義に沿って脅威への対処を自動化する「SOAR」(Security Orchestration, Automation and Response)は、その対策として有望だと言える。

セキュリティ強化のため、より良いAI技術に頼るのは必然

 セキュリティのためのAI技術への投資の未来は明るい。経済が引き続き回復力を示す中、セキュリティ機能を強化したい大手ベンダーによるAI技術関連のスタートアップ(創業間もない企業)を対象とした投資や買収は続くとみられる。厳しい労働市場が続くと、企業は乏しい人的リソースで問題に対処する方法を見つける必要性が出てくる。これに、世界中で高まる一方のセキュリティの脅威を考え合わせると、企業がより良いAI技術に頼るのは必然であり、いずれはAI技術によるセキュリティへ投資することになる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...