2022年06月10日 08時15分 公開
特集/連載

「セキュリティのためのAI技術」は“推し”なのか? ROIで考えるセキュリティ分野でのAI技術のROI【前編】

十分なROIが見込めるかどうかは、IT投資において重要な判断基準だ。ROIを考えた場合に、セキュリティのためのAI技術への投資は是か非か。企業と投資家の答えは微妙に異なる。

[Jerald Murphy,TechTarget]

 世界は依然として新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と地政学的課題に悩まされている。これらの変化への適応は、セキュリティのためのAI(人工知能)技術への投資にとってはプラスに働く可能性が高い。

「セキュリティのためのAI」を推してよいのか ROIで考える

 ROI(投資対効果)は一般的に、直接的な効果と間接的な効果の2つで評価される。セキュリティのためのAI技術も同様だ。投資においては売り上げ(ハードダラー)と、財務的に定量化が難しいその他の付加価値(ソフトダラー)のいずれかが、損益分岐点に到達しているか否かが問われる。投資額を回収するのに、どれだけの期間がかかるのかにも目が向けられる。

 AI技術を使ったセキュリティ製品を利用している企業は、セキュリティ上の問題の発見と解決において、節約できた時間と金額をレポート(通常は月単位で測定)として可視化することにより、その製品の付加価値を証明できる。評判の低下やシステムダウンが回避できるといった、いわゆる「ソフトベネフィット」が得られるのは有益だ。ただし通常は、それだけではセキュリティのためのAI技術への投資を正当化するだけの、説得力のある理由にはならない。

 セキュリティのためのAI技術のROIについて、投資家の見方は企業とは異なる。投資家は一定の期間(通常3〜5年)で投資額の数倍を得る計画で資本を投資する。AI技術を使ったセキュリティ製品の市場は、急速に成長している。故に「セキュリティのためのAI技術への投資は、ROI目標を達成できる」と投資家が考える可能性は高い。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...