「Web会議疲れ」を企業の3割以上が課題視 その解決策は?「ハイブリッド会議」のベストプラクティス5選【後編】

テレワークとオフィスワークの従業員が同時に参加する「ハイブリッド会議」は、今後当たり前のスタイルになる可能性がある。「Web会議疲れ」対策など、ハイブリッド会議をスムーズに進めるための方法を紹介する。

2021年07月06日 05時00分 公開
[Irwin LazarTechTarget]

関連キーワード

Web会議


 前編「Web会議に満足できない人こそ『ホワイトボードアプリ』を使うべき理由」は、テレワークとオフィスワークの従業員が同時に参加する「ハイブリッド会議」を成功に導くためのベストプラクティス5つのうち、2つを紹介した。後編は、残る3つを紹介する。

3.Web会議疲れへの対処策を導入する

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。