2021年06月02日 05時00分 公開
特集/連載

Fordがテレワーク導入後も「オフィス勤務」を大切にし続ける理由「Webex」「Yammer」などを採用

Ford Motorはテレワークとオフィスワークの両方を取り入れた、ハイブリッドな勤務体系を導入する。テレワークだけ、オフィスワークだけに絞らず、なぜ両者を組み合わせるのか。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

在宅勤務


 大手自動車メーカーFord Motorは、テレワークとオフィスワークの両方を取り入れたハイブリッドな勤務体系を導入することで、生産性だけでなく、従業員の定着率の向上やウェルビーイング(身体的、精神的、社会的に良好な状態)がより良い状態になると考えている。同社は2021年3月、オンラインのグローバルタウンホール会議(企業の経営陣と従業員が1つの場所に集まって実施する対話型の集会)で、テレワークを部分的に取り入れた新しい勤務体系を導入する計画を明らかにした。

テレワークだけでも、オフィスワークだけでもない「ハイブリッド勤務」採用の理由

 Ford Motorは、製造ラインの仕組みを取り入れて自動車生産に革命を起こしたことでその名が知られている。その同社が米国の従業員を対象に、テレワークとオフィスワークの両方を取り入れたハイブリッドな勤務体系を導入する。テレワークを部分的に導入することで生産性が向上し、「より品質の高い製品」を提供できると考えたためだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に
ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービ...

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...