ワクチン温度だけじゃない、「新型コロナワクチン」の配布を阻む課題と対策コロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【後編】

米国の新型コロナワクチン配布の経験から、サプライチェーン効率化に関する知見が見えてきた。「Chain of Custody」といった高度な手法から、現場の小さな工夫まで、さまざまなチップスを紹介する。

2021年06月01日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]

 中編「『温度監視』『需給調整』にも注目 米国に学ぶ新型コロナワクチン配布の知恵」に続き後編となる本稿は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン配布プロセスから学ぶ「加工、流通過程の管理」の重要性や、スムーズなワクチン接種を支えていた補助的な要素を解説する。

 新型コロナワクチンのサプライチェーンは技術の進歩によって機能が向上した。とはいえ温度モニタリングをはじめ、改善すべき点がまだ残っている。

「ワクチン温度」だけではない、新型コロナウイルス安定配布を阻む“あの課題”

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...