2021年06月01日 05時00分 公開
特集/連載

ワクチン温度だけじゃない、「新型コロナワクチン」の配布を阻む課題と対策コロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【後編】

米国の新型コロナワクチン配布の経験から、サプライチェーン効率化に関する知見が見えてきた。「Chain of Custody」といった高度な手法から、現場の小さな工夫まで、さまざまなチップスを紹介する。

[George Lawton,TechTarget]

 中編「『温度監視』『需給調整』にも注目 米国に学ぶ新型コロナワクチン配布の知恵」に続き後編となる本稿は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン配布プロセスから学ぶ「加工、流通過程の管理」の重要性や、スムーズなワクチン接種を支えていた補助的な要素を解説する。

 新型コロナワクチンのサプライチェーンは技術の進歩によって機能が向上した。とはいえ温度モニタリングをはじめ、改善すべき点がまだ残っている。

「ワクチン温度」だけではない、新型コロナウイルス安定配布を阻む“あの課題”

 ソフトウェア開発コンサルティングを手掛けるHeadstormのシニアパートナー、ロバート・ケリー氏は「新型コロナワクチンのサプライチェーンの意思決定に関わる人たちは、温度測定の精度や頻度、各段階での責任者をどう把握するかなど、いろいろ苦労していた」と説明する。新型コロナワクチンのサプライチェーン構築におけるこれらの問題が解決するにつれて、他のサプライチェーンでもこの経験を判断材料として活用し、貨物の状態に関するデータセットをもっと豊富に共有するための改善策を講じやすくなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...