「温度監視」「需給調整」にも注目 米国に学ぶ新型コロナワクチン配布の知恵コロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【中編】

新型コロナワクチンの品質を保つためには厳格な温度管理が欠かせない。リアルタイムで温度を監視したり、医療現場への配送をトラッキングしたりといった取り組みから学べるサプライチェーン管理の教訓とは。

2021年05月25日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が世界各国で進んでいる。ワクチン配布の大規模なサプライチェーンには、企業が学べることは豊富にある。サプライチェーンの各部分の密な連携や情報共有などにフォーカスした前編「未曾有のコロナワクチン配布プロジェクトから見えた『適切な情報共有』の本質は」に続き、中編となる本稿は、ワクチンの温度監視や需給調整にまつわる取り組みから得られた知見や教訓を紹介する。

リアルタイムのモニタリングを活用する

ITmedia マーケティング新着記事

news190.jpg

シンフォニーマーケティングが日立グループに「ABM研修特別編」を提供
シンフォニーマーケティングが日立アカデミーと教育プログラムを共同で設計・開発。世界...

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...