2021年05月24日 05時00分 公開
特集/連載

「顧客が何を期待しているか」を“顧客よりも先に把握する”方法とは?顧客の心をつかむ7つの方法【第2回】

顧客の心をつかむためには、顧客が抱いている不満や期待をいち早く察知して、必要な行動を取ることが欠かせない。それはなぜなのか。実現に役立つ手段とは。

[Demetra Edwards,TechTarget]

関連キーワード

顧客満足


 前回「顧客を“知り尽くす”方法とは? 『常連客の心地よさ』を生む具体策」は、企業が自社製品の顧客の心をつかむ7つの方法のうち、1つ目の方法として「顧客を知り尽くす」を紹介した。本稿は2つ目と3つ目を紹介する。

方法2.顧客の不満に迅速に対処する

 企業が顧客の不満に迅速に対処するほど顧客は満足し、その企業の製品を再度利用する可能性が高くなる。逆に不満への対処が遅れると、顧客は満足せず再度その企業の製品を利用する可能性は下がる。

 顧客が企業に対して不満を表明した場合、カスタマーサービスの担当者は効果的に情報を開示し、問題を解決し、できるだけ迅速に顧客の要求に対処することが重要だ。その重要性は、顧客が不満を伝えた手段がメールでも、電話でも、ソーシャルメディアでも、チャットbotでも変わらない。

 企業は、顧客の問い合わせに対する応答時間がカスタマーエクスペリエンス(CX:顧客経験価値)にどのように影響するかを認識する必要がある。企業が低いサービス評価に苦しんでいる場合、企業はカスタマーサービスが適切に機能しているかどうかを測るための指標を設け、それを測定し、カスタマーサービスの欠点を確認しなければならない。

方法3.顧客が企業に求める期待を把握する

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...

news017.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news052.jpg

メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...