未曾有のコロナワクチン配布プロジェクトから見えた「適切な情報共有」の本質はコロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【前編】

新型コロナウイルス感染症の予防接種を希望する人にワクチンを届ける世界各国の取り組みには、連携の強化や徹底した情報共有などサプライチェーンの改善に関する多くのヒントが含まれている。学ぶべき教訓は。

2021年05月18日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]

 世界各国で進んでいる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン配布は、あらゆる業界のサプライチェーンに携わっている人にとって有用な教訓をもたらしている。

 サプライチェーンの管理に関わるリーダーは、こうした取り組みから学んだことを自社サプライチェーンの弱点やリスク、課題を洗い出して改善することに活用できるだろう。

ワクチンのサプライチェーンから学ぶ教訓

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。