「燃え尽き社員」を生まないリーダーの心得は? まずは新入社員の意欲に応えるセキュリティ担当者のメンタルヘルスを守る6つの方法【前編】

相次ぐサイバー攻撃と人材不足によって、セキュリティ担当者は過剰な業務を強いられている。どうすれば過労による「燃え尽き」を防げるか。

2021年05月20日 05時00分 公開
[Nabil HannanTechTarget]

 情報セキュリティ業界では人手不足が深刻化している。ニュースメディア「Cybercrime Magazine」を運営するCybersecurity Venturesは「セキュリティ業界で不足している求人数は最大350万件に達する見込み」と予測する。対策を講じなければ、セキュリティ担当者は過剰な業務量に疲弊し、燃え尽きてしまう恐れがある。

 この状況に追い打ちをかけるように、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)が始まって以来、サイバー攻撃が活発化している。企業はセキュリティチームの増員に取り組みつつ、スタッフの燃え尽きを防ぐためにも人材管理の手法を見直す必要があるだろう。その具体的な方法について、6つのアイデアを紹介しよう。

1. 新入社員向けの研修を充実させる

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。