2021年06月03日 05時00分 公開
特集/連載

テレワーク普及でアウトソーシングコストの削減が容易に? その理由とはIT関連契約を見直すヒント【前編】

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うテレワークの普及により、企業はアウトソーシングコストを抑えやすくなる可能性があるという。どういうことなのか。

[Steven Kirz, Rahul Singh, David Borowski, West Monroe,TechTarget]

関連キーワード

在宅勤務


 コストの削減と、提供するサービスの品質向上を目指す上で、ITリーダーは何をすればよいのか。重点を置くべきなのは、IT製品の選定や調達、アウトソーシングサービスの利用などにおけるベンダーとの契約交渉戦略の調整だ。それはなぜなのか。

 企業はこれまで、単純作業や定型作業を社外にアウトソーシングしてきた。こうした作業の実行手段を、アウトソーシングからITによる自動化へと置き換えることができる。適切なIT製品/サービスの導入により自動化を取り入れることで、同じ作業を実行するのに必要なアウトソーシングリソースを減らしやすくなる。アウトソーシング先のベンダーとうまく契約交渉をすればコスト削減が期待できる。

 ベンダーとの契約の見直しや交渉の成功につながるヒントは幾つかある。前編となる本稿は、そのうち1つを紹介する。

ヒント1.より安価なアウトソーシング先を世界中から探し出す

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...