「IT投資ロードマップ再検討」に失敗しないための“最初の一歩”IT投資ロードマップの見直しに効く3ステップ【前編】

ビジネスリーダーはIT投資ロードマップを再評価して、現在の成長状況と一致しているかどうかを確認する必要がある。その手始めとして、何から始めればよいのか。

2021年04月02日 05時00分 公開
[Terri CobbTechTarget]

関連キーワード

IT投資


 ITの進化は早く、トレンドを追うことは簡単ではない。さらにビジネスリーダーは今、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がもたらした環境変化への対処という予期せぬ、喫緊の課題に直面している。

 ビジネスリーダーは、ビジネスの状況が過去どのように変化したかを見極め、組織を再評価して、対処すべき問題があるかどうかを判断する。これを基に会社の事業計画に利益をもたす方法を検討するだろう。

 現在の状況でも、より戦略的なIT投資ロードマップを策定するにはどうすればよいか。必要な3つのステップを紹介する。

ステップ1.部門の枠を超える

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...