地方への移住が加速、「STEM」が成長――McKinseyが示す“コロナ後の世界”小売業や飲食業は苦戦か

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック収束後、雇用市場はどう変化するのか。McKinsey & Companyの調査結果を基に考察する。

2021年03月25日 08時00分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

人事


 経営コンサルティング企業McKinsey & Company(以下、McKinsey)の調査部門であるMcKinsey Global Instituteの新しい調査によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)収束後の職場は、従業員がこれまで慣れ親しんできた職場から大きく変わる。さまざまな仕事がなくなり、何百万人もの従業員を再訓練する必要が生じる。さらに学位の有無ではなく従業員のスキルと能力に焦点を当てて、役職の概念が再考されることになるだろう。

新型コロナ収束後の世界、雇用市場はどう変わる?

ITmedia マーケティング新着記事

news187.jpg

アドウェイズ、バイタルサイン計測サービス「MARKETING DOC」を発表
アドウェイズは、マーケティングの活動状況を計測して診断するサービス「MARKETING DOC」...

news057.png

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

news049.png

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...