2021年06月04日 05時00分 公開
特集/連載

Web会議の前にこそ“禅の呼吸”を 「マインドフルネス」の具体的な実践例すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第3回】

仏教の瞑想法を取り入れた「マインドフルネス」を生まなく取り入れることで、企業は従業員のストレスを軽減できる可能性がある。どのように実践すればよいのか。具体例を紹介しよう。

[Molly Driscoll,TechTarget]

関連キーワード

人事


 前回「Web会議よりストレスがたまりにくい『散歩会議』の意外な効能」は、従業員のストレス軽減に役立つ施策のうち、従業員の「ウェルネス」(健康増進)に関する施策を紹介した。本稿は企業が「マインドフルネス」の視点で取り組める施策を紹介する。

 心を落ち着かせるための仏教の瞑想(めいそう)法であるマインドフルネス。その実践が脳の働きを変え、ストレスの影響を受けにくくすることを示す研究もある。こうした研究動向を受け、マインドフルネス市場が急激に成長している。

施策13.オンラインヨガ動画を従業員に紹介

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...