「Teams」を危険にする「偽通知メール」問題とは?Teamsのセキュリティを脅かす4つの脅威【前編】

テレワークに不可欠なビジネスチャットツールは、攻撃者の狙い目となっている。主要なビジネスチャットツールの一つである「Microsoft Teams」を取り巻く脅威と対策を学ぼう。

2021年05月14日 05時00分 公開
[Reda ChouffaniTechTarget]

 ビジネスチャットツールのセキュリティ確保は、企業にとって優先事項の一つになりつつある。世界的にテレワークへの移行が進む中、ビジネスチャットツールの脆弱(ぜいじゃく)性が浮き彫りになったからだ。Microsoftのビジネスチャットツール「Microsoft Teams」も例外ではない。IT管理者が積極的に脅威対策をしなければ、Teamsのエンドユーザーが危険にさらされる恐れがある。

 サイバー攻撃者は、エンドユーザーをだましてマルウェアをダウンロードさせたり、悪意あるWebサイトを訪問させたりするためにあらゆるツールを悪用しようとする。メッセージのやりとりや会議、共同作業でTeamsを多用する企業は注意する必要がある。

 こうした脅威に加え、コンプライアンスも課題だ。Teamsは動画、テキストメッセージ、業務データといったさまざまなデータを扱う。企業はコンプライアンスを満たしながらTeamsを使い続けるための適切なポリシーを制定しなければならない。本連載はTeamsを取り巻く4つの主要な脅威と、その対策を紹介する。

脅威1.「偽通知メール」によるフィッシング

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。