2021年04月08日 05時00分 公開
特集/連載

私物のWebカメラやヘッドセットは危険の温床? 「Web会議」のセキュリティ対策「安全なWeb会議」の実現方法【後編】

安全なWeb会議を実現するには、Web会議ツールに加えて、WebカメラやヘッドセットといったWeb会議用デバイスのセキュリティ確保が欠かせない。どのような施策が有効なのか。

[Katherine Finnell,TechTarget]

 前編「“危ないWeb会議”を防ぐには『従業員研修』だけでは駄目なのか?」に続き、Web会議のセキュリティ確保に必要な考え方と行動を解説する。Web会議ツールを利用する企業が実施すべきセキュリティ対策は多岐にわたる。Web会議を開くのに必要なデバイスやインフラだけでなく、エンドユーザーの行動もセキュリティを意識したものでなければならない。

 チャットログ、共有ドキュメント、ホワイトボードの画像、会議の録音・録画データなど、Web会議ではさまざまなデータが発生する。こうしたデータをどこにどう保存するかという問題は、Web会議の懸案事項の一つだ。

 医療や金融といったプライバシー規制が厳しい業種では、一定期間の通信記録保管や監査への対処などの要件を考慮しなければならない場合がある。「Web会議中に共有したり作成したりするデータに関するコンプライアンス要件の策定が必要だ」と、調査会社Metrigyでアナリストを務めるアーウィン・レーザー氏は指摘する。

私物Webカメラが“セキュリティホール”に?

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

婚活・恋活マッチングアプリ 3億7000万人の巨大市場の行方
世界のマッチングアプリ(デートアプリ)市場のすう勢と、ウィズコロナの展望。

news053.jpg

データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。...

news120.jpg

2021年のゴールデンウイークの予定 「自宅で過ごす」が依然として主流だが外出予定は増加――インテージ調査
外出意向は高まりつつも、新型コロナへの不安が消えたわけではないようです。