2021年04月07日 05時00分 公開
特集/連載

SAPやSalesforceは「新型コロナワクチン接種」証明システムをどう実現するのか「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【前編】

人事部門は、従業員が新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種した実績をデジタル証明書として確認する方法を求めている。ベンダー各社もこうしたニーズに応えるために、製品開発を急いでいる。その現状は。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

 従業員が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンを接種したことを確実に証明したいと考える雇用主は、問題に直面する可能性がある。米国の場合、従業員のワクチン接種を証明する唯一の証拠は、ワクチンを接種した場所で発行される紙のカードだ。雇用主にとって、もしくは旅行での目的を考えても、紙の記録では必要十分とは言い難い。

 紙のカードの代わりを果たすのは、例えるなら飛行機のeチケットのような、スマートフォンで確認できるQRコード形式のワクチン接種デジタル証明書だ。いずれ米国では1億人に上る労働者の大部分がワクチンを接種して、オフィスに出社できる状況になるだろう。だが、そのような状況はデジタル証明書が導入されるよりもずっと早い段階で起こり得る。

 朗報もある。ワクチン接種デジタル証明書の運用が開始すれば、人事部門はデジタル証明書の仕組み整備にほとんど苦労しないで済む。一部のベンダーでは既に下地作りが始まっている。

SAPやSalesforceが提供する「ワクチン接種証明書管理システム」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

婚活・恋活マッチングアプリ 3億7000万人の巨大市場の行方
世界のマッチングアプリ(デートアプリ)市場のすう勢と、ウィズコロナの展望。

news053.jpg

データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。...

news120.jpg

2021年のゴールデンウイークの予定 「自宅で過ごす」が依然として主流だが外出予定は増加――インテージ調査
外出意向は高まりつつも、新型コロナへの不安が消えたわけではないようです。