不動産テック(PropTech)は「コロナ禍でも使われるオフィス」を生み出せるか不動産市場で進むアナリティクスの活用【中編】

「不動産テック」(PropTech)は商用スペースの開発と建築において重要な役割を果たす。建物の環境負荷軽減や有効活用のために、不動産開発会社はどのようにデータを活用しているのか。先進事例に学ぶ。

2021年04月08日 05時00分 公開
[Kara E. JoyceTechTarget]

関連キーワード

データ分析


 「不動産テック」(PropTech:不動産に特化したアナリティクス技術群の総称)が重要な役割を果たす分野の一つが、商用スペースの開発と建設だ。新しい建物は環境に負荷を掛ける可能性がある。不動産開発会社はデータを利用することで、効果的な資源の使い方を理解し、進化し続ける環境影響基準を満たしやすくなる。

開発におけるアナリティクス活用

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...