不動産テック(PropTech)は「コロナ禍でも使われるオフィス」を生み出せるか不動産市場で進むアナリティクスの活用【中編】

「不動産テック」(PropTech)は商用スペースの開発と建築において重要な役割を果たす。建物の環境負荷軽減や有効活用のために、不動産開発会社はどのようにデータを活用しているのか。先進事例に学ぶ。

2021年04月08日 05時00分 公開
[Kara E. JoyceTechTarget]

関連キーワード

データ分析


 「不動産テック」(PropTech:不動産に特化したアナリティクス技術群の総称)が重要な役割を果たす分野の一つが、商用スペースの開発と建設だ。新しい建物は環境に負荷を掛ける可能性がある。不動産開発会社はデータを利用することで、効果的な資源の使い方を理解し、進化し続ける環境影響基準を満たしやすくなる。

開発におけるアナリティクス活用

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。