2021年04月08日 05時00分 公開
特集/連載

不動産テック(PropTech)は「コロナ禍でも使われるオフィス」を生み出せるか不動産市場で進むアナリティクスの活用【中編】

「不動産テック」(PropTech)は商用スペースの開発と建築において重要な役割を果たす。建物の環境負荷軽減や有効活用のために、不動産開発会社はどのようにデータを活用しているのか。先進事例に学ぶ。

[Kara E. Joyce,TechTarget]

関連キーワード

データ分析


 「不動産テック」(PropTech:不動産に特化したアナリティクス技術群の総称)が重要な役割を果たす分野の一つが、商用スペースの開発と建設だ。新しい建物は環境に負荷を掛ける可能性がある。不動産開発会社はデータを利用することで、効果的な資源の使い方を理解し、進化し続ける環境影響基準を満たしやすくなる。

開発におけるアナリティクス活用

 コンサルティング企業PricewaterhouseCoopers(PwC)でナショナルパートナー兼リアルエステートプラクティスリーダーを務めるバイロン・カーロック氏によると、不動産開発会社が建築で利用するコンクリートの増加が、環境問題の大きな一因になっている。「廃棄物を出さない建築が重要で、アナリティクスの活用によって一定の効率化が期待できる」(カーロック氏)

 不動産には、環境ガバナンス、社会ガバナンス、コーポレートガバナンス(企業統治)も無縁ではない。不動産開発業者は現在、新しい建築物で、環境に配慮した建築の認証「LEED」(Leadership in Energy and Environment Design)を取得しようとしている。LEEDの基準を満たすため、建物を効率良く建築するだけでなく、一部の古い建物の転用も進んでいる。

 カーロック氏によると、不動産開発会社は太陽光パネルを設置した屋根や壁面にアナリティクスを関連付けることで、これらの設備からの電力の取り込みを改善し、より効率的に建物を機能させることが可能になる。このようにあらゆる要素に関連付けた分析が「全ての面で非常に重要な進歩になると考える」と同氏は語る。

コロナ禍での“脱オフィス”の危機を「アナリティクス」で乗り越える

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...