2021年06月23日 05時00分 公開
特集/連載

オフィス勤務とテレワークの「良いとこ取り」な働き方は定番化するか?「Web会議」の5大トレンド【前編】

感染症対策として広まったWeb会議は、コロナ禍が落ち着いた後でも引き続き日常業務で活躍する可能性がある。今後は通勤とテレワークの「ハイブリッド」が定着するだろうか。

[David MaldowTechTarget]

 遠隔会議製品/サービスの業界は長きにわたり、この技術が既に成熟し日常業務に利用できる水準に達していることを周知してきた。近年になって人々はようやく、オフィス勤務とテレワークを組み合わせた「ハイブリッド型」の働き方に移行し始めた。テレワークでもオフィスと変わらない生産性を実現できるという実感が広まるにつれて、Web会議への関心も高まってきた。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...