2021年06月23日 05時00分 公開
特集/連載

オフィス勤務とテレワークの「良いとこ取り」な働き方は定番化するか?「Web会議」の5大トレンド【前編】

感染症対策として広まったWeb会議は、コロナ禍が落ち着いた後でも引き続き日常業務で活躍する可能性がある。今後は通勤とテレワークの「ハイブリッド」が定着するだろうか。

[David Maldow,TechTarget]

 遠隔会議製品/サービスの業界は長きにわたり、この技術が既に成熟し日常業務に利用できる水準に達していることを周知してきた。近年になって人々はようやく、オフィス勤務とテレワークを組み合わせた「ハイブリッド型」の働き方に移行し始めた。テレワークでもオフィスと変わらない生産性を実現できるという実感が広まるにつれて、Web会議への関心も高まってきた。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によって、ベンダーが以前から推奨してきたWeb会議を企業も試さざるを得なくなった。その試みはおおむねうまくいった。対面の会議からWeb会議への移行は必ずしも容易ではなかったが、従業員は順応できた。

 当初はパンデミックを乗り切るためにWeb会議が役に立てば十分だと、ユーザー企業は考えていた。だが導入してみると非常に効果的であることが分かり、パンデミック後もWeb会議は引き続き日常業務において大きな役割を果たす可能性がある。

 こうした背景を念頭に置き、ベンダーとユーザー企業が注目すべき2021年のWeb会議トレンドを紹介する。

トレンド1.「ハイブリッド型」の勤務スタイルが普及へ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。