「Webカメラが使えない」を招くリモートデスクトップ設定の“落とし穴”とは?リモートデスクトップでWebカメラが使えないときの対処法【第2回】

リモートデスクトップでWebカメラが利用できないときは、リモートデスクトップに関連するデバイスやソフトウェアの設定に問題がある可能性がある。確認すべき設定を説明する。

2023年03月17日 08時15分 公開
[Jo HarderTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows」のエンドユーザーは、「リモートデスクトップ」でWebカメラを利用できる。リモートデスクトップは、ローカルデバイスで別のデバイスのデスクトップを操作する、Windowsの機能だ。ただしリモートデスクトップの設定に不備があると、Webカメラは正常に動作しなくなる。リモートデスクトップでWebカメラが機能しないときのトラブルシューティングの手順のうち、2つ目を紹介する。

手順2.デバイスとソフトウェアの設定を確認する

 IT管理者は、エンドユーザーがリモートデスクトップを利用する前に、Webカメラを設定しておくとよい。リモートデスクトップは周辺機器を認識する。ただしWebカメラのプラグアンドプレイ機能(接続すると自動的に使えるようになる仕組み)が有効ではなかったり、問題が発生したりした場合、うまく認識しない可能性がある。

 リモートデスクトップの利用中にWebカメラに影響を及ぼす可能性がある設定は、複数ある。Webカメラが正しく機能しない場合、以下の設定で周辺機器の接続を禁止していないかどうかを確認するとよい。

  • ローカルデバイスの「リモートデスクトップ接続」(リモートデスクトップの標準クライアントアプリケーション)の設定
  • エンドユーザーやデバイスごとの設定を一元管理する「グループポリシー」の設定
    • グループポリシーは、IDおよびアクセス管理システム「Active Directory」のディレクトリサーバで作成できる。
  • Citrix SystemsやVMware、Parallelsなどのベンダーが提供しているリモートデスクトップソフトウェアの設定

 次回は3つ目の手順を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...