「5G」はなぜホワイトボックスネットワーク普及の起爆剤になり得るのか?導入すべきか「ホワイトボックスネットワーク」【後編】

大半の企業はホワイトボックスネットワークの導入に消極的だ。その理由をおさらいしながら、導入を加速化させるために必要なことを紹介する。

2021年12月16日 05時00分 公開
[Deanna DarahTechTarget]

 特定ベンダーの製品に依存せず、ノーブランド製品のスイッチやルーターを活用する「ホワイトボックスネットワーク」。中編「実は高価? 『ホワイトボックスネットワーク』の注意点」は高価になる恐れがあるホワイトボックスネットワークのコストに焦点を当てた。後編となる本稿は、ホワイトボックスネットワークの普及を促すためにどうすればいいかを考える。

5Gの“あのデメリット”がホワイトボックスネットワーク導入の決断促す

 ホワイトボックスネットワークはスイッチといったハードウェアの導入費が安価で、ネットワークOS(NOS)も自由に選べる、ユーザー企業にとってありがたいはずの仕組みだ。だが、移行作業が煩雑だったり、故障時のサポートが付いていなかったりすることから、企業はその導入に消極的だ。ホワイトボックスネットワークの普及をどう促せるか。

 調査会社IDCでネットワークインフラ部門のグループバイスプレジデントを務めるロヒト・メーラ氏によると、NOSベンダーは自社製品の提供と運用方法を簡素化する必要がある。そうすれば、IT人材が不足しがちな中小企業がNOSを導入するハードルは下がるという。「ベンダーがNOSに合わせてトラブル発生時のサポートも提供すれば、ホワイトボックスネットワーク導入の追い風になる」とメーラ氏はみる。

 前編で述べた通り、草分けとしてホワイトボックスネットワークを採用しているのは、Amazon Web Services(AWS)やGoogle、Microsoftなどの大手クラウドベンダーだ。米TechTargetの調査部門Enterprise Strategy Groupのシニアアナリストを務めるボブ・ラリベルテ氏は、一般企業がこうしたクラウドベンダーのハイパースケール(大規模)のクラウドインフラを模倣すれば、その一環としてホワイトボックスネットワーク導入も進むと指摘する。

 ラリベルテ氏は「一般企業もホワイトボックスネットワークを導入すれば、ハードウェアが故障したら簡単に交換できるようになる。ハードウェアの不具合に対処する作業も減らせる」と言う。

 ホワイトボックスネットワークの導入は、「5G」(第5世代移動通信システム)の普及とともに活発になることも考えられる。5Gがネットワーク刷新のきっかけとなり、導入費が発生する他、運用費が高価になる可能性がある。「コスト削減のためにホワイトボックススイッチの導入を検討する企業が増えるのでは」とラリベルテ氏は語る。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新...

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...