2019年09月05日 05時00分 公開
特集/連載

ホワイトボックスで活発化する「オープンネットワーク」の潮流【後編】「ホワイトボックススイッチ」導入時に考慮すべき“5つのポイント”

「ホワイトボックス」のネットワーク機器の導入は、今後広がる可能性がある。どのような点を重視して、導入を検討すればいいのだろうか。

[Lee Doyle,TechTarget]
画像

 前編「『ホワイトボックススイッチ』が大規模データセンターに受ける理由」は、「ホワイトボックス」(ノーブランドの製品)のネットワーク機器を使い、オープンなネットワークを構築することの利点や、その市場動向を説明した。後編は、ホワイトボックスを導入するとメリットが得られる具体的なケースや、製品を選定する際のポイントなどについて説明する。

 ホワイトボックスのネットワーク機器導入は、一部の大手企業で始まったばかりだ。現状では、ホワイトボックスのネットワーク機器は、企業がデータセンターを新設する際、25ギガビットイーサネット(GbE)や100GbEといった高速通信が可能なスイッチの導入コストを抑制できる方法だと見なされている。

製品調達を担うIT担当者が考慮すべき重要な事項

 企業のIT担当者がホワイトボックスのネットワーク機器購入を検討する際、考慮すべき重要なポイントは下記の通りだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。

news068.jpg

SaaS化が加速するコンタクトセンター/コンタクトセンターの現在―矢野経済研究所調べ
国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場について...

news045.jpg

ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。