2019年08月26日 05時00分 公開
特集/連載

ホワイトボックスで活発化する「オープンネットワーク」の潮流【前編】「ホワイトボックススイッチ」が大規模データセンターに受ける理由

「ホワイトボックス」のネットワーク機器を利用する動きが広がりを見せている。ホワイトボックス機器の利点や、どのような企業が導入しているのかを解説する。

[Lee Doyle,TechTarget]
画像

 「ホワイトボックス」(ノーブランドの製品)のネットワークスイッチとルーターは、特定のベンダーが提供するネットワーク機器に依存しないネットワークOS(NOS)を搭載する。ホワイトボックスのネットワーク機器を導入する利点は、コスト抑制や必要に応じて迅速にネットワーク構成を変更できる柔軟性などだ。

 大規模な大手クラウドベンダーを中心にホワイトボックスのネットワーク機器を導入する動きがあり、各社の大規模データセンターで広く利用している。企業のIT部門がホワイトボックスのネットワーク機器の導入を検討すべきケースは、グリーンフィールド(新設)のデータセンターを立ち上げる際や、ある特定のパターンにおけるネットワークのアップグレード時などだ。

 ホワイトボックスのネットワーク機器は、既製品である市販のスイッチやルーターとして購入可能だ。このような製品は、レイヤー2とレイヤー3をコントロールできるNOSを搭載する。NOSはスイッチやルーターに事前にインストールされた状態で入手するか、個別に購入してネットワーク機器にインストールする。ホワイトボックスのどのネットワーク機器のベンダーも、Broadcom製のチップを使用していることが一般的だ。例えばAccton Technology、Celestica、Edgecore Networks、Foxconn Technology Group、Lanner Electronics、Quanta Computerといったベンダーがホワイトボックスのネットワーク機器を提供している。

 ホワイトボックスのネットワーク機器向けのNOSを供給するベンダーとしては、Arrcus、Kaloom、Cumulus Networks、Big Switch Networks、Pluribus Networks、SnapRouteなどがある。オープンソースまたは業界標準を目指すNOSとしては、Microsoftの「Software for Open Networking in the Cloud」(SONIC)、FacebookとOpen Compute Project(OCP:データセンターで利用するハードウェアのオープン化を目指した団体)が共同で開発した「Facebook Open Switching System」(開発コードネーム:FBOSS)、AT&Tの「Disaggregated Network Operating System」(DANOS)などがある。

ホワイトボックスのネットワーク機器の利点

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...