2022年09月15日 08時15分 公開
特集/連載

TikTokで“バズる”ための「インフルエンサー」との賢い付き合い方TikTokビジネス活用「7つの方法」【第4回】

「TikTok」にひしめくインフルエンサーの協力を得て、自社のマーケティングを成功させるには、どうすればよいのか。取り組みに失敗しないための、インフルエンサーとの付き合い方の注意点を紹介する。

[Amanda HetlerTechTarget]

 ByteDance傘下のTikTok社が運営するショート動画共有サービス「TikTok」を企業がマーケティングにフル活用するためには、インフルエンサー(他のエンドユーザーの行動に影響を与えるTikTokユーザー)との関係づくりが欠かせない。企業がインフルエンサーの影響力を生かし、自社知名度の向上につなげるには「やるべきこと」と「やってはいけない」ことがある。それらはどのようなものなのか。TikTokビジネス活用法の7つのポイントのうち、6つ目と7つ目を紹介する。

6.TikTokの「インフルエンサー」と賢く手を組む

 企業はインフルエンサーと連携すれば、彼ら・彼女らの影響力を利用して自社ブランドの認知度の向上を図ることができる。まずは自社ブランドに合ったインフルエンサーを見つけることが必要だ。多くのフォロワー(ファン登録)を抱えるインフルエンサーほど、連携する価値が高いと考えることができる。

 TikTokでフォロワー数が特に多いインフルエンサーは以下の通りだ(丸かっこ内はTikTokアカウント名)。

  • チャーリー・ダミリオ(charlidamelio)
  • ローレン・グレー(lorengray)
  • アディソン・レイ(addisonre)
  • ベイビー・アリエル(babyariel)
  • ザック・キング(zachking)
  • ルーカス・アンド・マーカス(dobretwins)

 インフルエンサーとの連携の成功例として、アパレル事業のGymsharkによるマーケティングキャンペーンが挙げられる。同社は、フィットネスにはまっている人を顧客として獲得するために、「66 Days: Change Your Life」(66日で人生を変える)と題したキャンペーンを立ち上げた。6人のインフルエンサーの力を借りてハッシュタグ(「#」から始まる分類用単語)キャンペーン「#Gymshark66」を実施し、4550万以上のビュー(視聴数)を獲得したという。

 企業はインフルエンサーと連携する際、インフルエンサーに何を求めるのか、つまり連携の目標を明確にする必要がある。例えばフォロワー数の増加、自社商品の販売数の増加、ブランド認知度の向上が目標として考えられる。インフルエンサーとの連携のポイントは、

  • インフルエンサーを束縛しない
  • インフルエンサーと密にコミュニケーションを取る
  • 共に新しいことに挑む

といったことだ。

 目標を決めたら、インフルエンサーにその目標を達成するためのアイデアを聞く。エンドユーザーの心をつかむためには、インフルエンサーに制限をかけてはいけない。企業にはインフルエンサーのアイデアがすぐには理解できなくても、TikTokのエンドユーザー心理に長けているインフルエンサーに、ある程度任せることが重要だ。

 インフルエンサーには「有名人」と「業界専門家」の2種類があり、それぞれ抱えているフォロワー層が異なる。企業はキャンペーン中に結果を追跡し、目標を達成できたかどうかを確認することも忘れないでおこう。キャンペーン内容を調整することで、成果を高めやすくなる。

7.TikTokで「狙っている地域」を明確にする

 企業がTikTokを使ってブランド認知度を高めるには、ショート動画でどの地域をターゲットにしているかを明確にすることが重要だ。ショート動画内でその地域に触れ、ハッシュタグとキャプションにも地域名を入れる。それによって、エンドユーザーにとって近くにある企業が見つけやすくなる。ショート動画の内容にも、狙っている地域の特性を考えて地域のエンドユーザーに響くための工夫が重要だ。


 第5回はTikTokでのショート動画の作成、投稿方法を解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...