Zoomの次は“ビジネス用TikTok”か? 「ショート動画共有」が熱い理由Web会議では「大げさ」で、チャットでは「ややこしい」ときに

「Web会議をするほどではないが、チャットで説明するには情報が多過ぎる」――。こうした微妙なニーズに合致する可能性があるのが、「TikTok」のようなショート動画共有サービスだという。それはなぜなのか。

2021年06月17日 05時00分 公開
[David MaldowTechTarget]

関連キーワード

コミュニケーション | 在宅勤務


 音響メーカーEPOS Groupが2021年3月に開催したオンラインイベント「Enterprise Connect Virtual」は、ByteDanceの「TikTok」やSnapの「Snapchat」といったショート動画共有サービスをWeb会議ツールの代わりに活用する可能性を取り上げた。企業は、不要なWeb会議を避けるために短い動画を利用できる可能性がある。これからはZoom Video Communicationsの「Zoom」をはじめとするWeb会議ツールの代わりに、TikTokのようなショート動画共有サービスを使う時代が来るのだろうか。

Web会議でもチャットでも満たせないニーズを「ビジネス用TikTok」が満たす?

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...