2021年06月17日 05時00分 公開
特集/連載

Zoomの次は“ビジネス用TikTok”か? 「ショート動画共有」が熱い理由Web会議では「大げさ」で、チャットでは「ややこしい」ときに

「Web会議をするほどではないが、チャットで説明するには情報が多過ぎる」――。こうした微妙なニーズに合致する可能性があるのが、「TikTok」のようなショート動画共有サービスだという。それはなぜなのか。

[David Maldow,TechTarget]

関連キーワード

コミュニケーション | 在宅勤務


 音響メーカーEPOS Groupが2021年3月に開催したオンラインイベント「Enterprise Connect Virtual」は、ByteDanceの「TikTok」やSnapの「Snapchat」といったショート動画共有サービスをWeb会議ツールの代わりに活用する可能性を取り上げた。企業は、不要なWeb会議を避けるために短い動画を利用できる可能性がある。これからはZoom Video Communicationsの「Zoom」をはじめとするWeb会議ツールの代わりに、TikTokのようなショート動画共有サービスを使う時代が来るのだろうか。

 昨今のビジネスコミュニケーションは2つに大別できる。1つ目はチャットだ。今や従業員は一日中ビジネスチャットツールを使うようになった。チャットなら自分のペースで応答でき、自分の仕事を進めながらチームとのコミュニケーションに参加できる。仕事中にチャットをチェックしても生産性にそれほどの悪影響は及ぼさない。2つ目はWeb会議だ。チームで集まって共同作業をする必要があるときは、チャットよりWeb会議の方がスムーズに作業を進めやすい。

Web会議でもチャットでも満たせないニーズを「ビジネス用TikTok」が満たす?

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...