2022年09月14日 05時00分 公開
特集/連載

CMSクラウド移行で“社内の大反発”を招かない「5つのステップ」とは?「CMS」クラウドサービス移行の成功術【第4回】

「CMS」(コンテンツ管理システム)のクラウドサービス移行を成功させるためには、技術面の課題を解決するだけでは十分ではない。移行に失敗しないための手順を紹介する。

[Jordan JonesTechTarget]

 企業はテレワーク定着の手段として、システムのクラウドサービス移行を進めている。「CMS」(コンテンツ管理システム)もその例外ではない。CMSのクラウドサービス移行は、移行時の課題を認識した上で、ステップを踏んで計画的に取り組むとよい。その際に忘れてはいけないのは、移行に伴う「人」への影響だ。

CMSクラウド移行に失敗しないための「5大ステップ」とは

 CMSのクラウドサービス移行を成功させるために、企業は下記のステップを踏む必要がある。

  1. 移行チームを作る
    • CMSのクラウドサービス移行を担当するチームを結成し、プロジェクトマネジャー、アーキテクト、開発者、「DevOps」(アプリケーションの開発と運用のプロセスを融合する手法)エンジニア、情報セキュリティ専門家といった具合に、役割分担を決める。
  2. 変化の“さじ加減”を大切にする
    • 「業務の全てを変えたい」あるいは「何も変えたくない」という衝動に駆られないようにすることが重要だ。CMSのクラウドサービス移行によって業務を変更し過ぎると、従業員から反発されるリスクがある。一方で変更がわずかだと、無意味な「技術採用」に終わり、本格的な業務改善にはつながりにくい。
  3. 移行は小さなステップで進める
    • CMSのクラウドサービス移行を少しずつ進め、従業員の受け入れ態勢を改善する。どの業務の変更がうまくいったか、あるいはうまくいかなかったかを見極めることも心掛けよう。
  4. 従業員への影響を最小限に抑える
    • 業務の急激な変更は避けるべきだ。従業員が違和感を覚えないようにCMSのクラウドサービス移行を進めることができれば、移行が成功したと言える。
  5. 経験を積んで拡大させる
    • CMSのクラウドサービス移行の担当チームが経験を積むにつれて、プロジェクト規模を拡大させ、小さな失敗から学びながら移行を完了させる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...