クラウド移行“4つの落とし穴”とはリフト&シフトだけでは不完全

クラウド移行を成功に導き、クラウドのメリットを最大限に生かすには、「リフト&シフト」方式では不十分だという。その理由をCloud Academyのアンドリュー・ラーキンの話を基に解説する。

2019年02月28日 05時00分 公開
[Mekhala RoyTechTarget]
画像

 クラウド移行のベストプラクティスを考えるとき、取り入れるべきさまざまな要素や、避けるべき潜在的な問題点がある。デジタル関連の教育サービスを提供するCloud Academyのアンドリュー・ラーキン氏に話を聞いた。

 ラーキン氏は、企業がクラウド移行で犯しやすい失敗や、その失敗が企業のクラウド移行を成功させる上でどのような障害になるかを説明する。オンプレミスのアプリケーションを単にクラウドに移行させるだけのリフト&シフト方式では、クラウドのメリットを最大限に生かすという点では必ずしも最善の手段とはいえないという。

――クラウド移行のベストプラクティスを取り入れたにもかかわらず、失敗してしまうケースがあります。どうすれば潜在的な問題を回避できますか。

アンドリュー・ラーキン氏:クラウド移行の際、避けたい4つの間違いがある。

1. セキュリティを最優先にしていない

 移行の規模に関係なく、クラウド移行のプロセスでは、その出だしからセキュリティの役割が必要だ。セキュリティ対策を講じる場合、多層的なアプローチ方法を採用する。そうすることで、アーキテクチャの各層にセキュリティ対策を適切に組み込める。階層化するアーキテクチャ要素として「ネットワーク」「ユーザー」「アプリケーション」「サービス」などがある。階層化することで、外部の脅威に対するセキュリティを強化するとともに、内部不正や社内システム内部の抜け穴を防ぐことができる。

2. 変更を成功させる鍵は人にあることを忘れている

ITmedia マーケティング新着記事

news190.jpg

シンフォニーマーケティングが日立グループに「ABM研修特別編」を提供
シンフォニーマーケティングが日立アカデミーと教育プログラムを共同で設計・開発。世界...

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...