移行前に細部まで精査したいクラウドの本当のコストツールの利用も要検討

企業はコスト計算ツールやサードパーティーツールなど多様なツールを駆使して、クラウドコンピューティングのために支払うコストを見積もる必要がある。移行に着手する前に。

2018年11月08日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]
「クラウドでコスト削減」は本当に可能か、まず慎重な算定を《クリックで拡大》

 企業がクラウドを採用する主な動機はコストの削減にある。だが落とし穴は細部に潜む。適切なプランニングがなければ、クラウドコンピューティングのコストは瞬く間にオンプレミスインフラのコストを超えかねない。

 クラウドへの移行そのものも、従来のデータセンターへの設備投資と同じような一時的なセットアップコストが原因で、高くつくことがある。ワークロードをクラウドに移した後も、データストレージや移転のコストなど、継続的な運用経費を増大させ得る要因が多数存在する。加えて、ユーザーが簡単にクラウドサービスをデプロイできてしまうことから、月額料金があっという間に増大することもある。

金額を見て驚く事態を避けるため、企業はクラウドコンピューティングのコストについて、初期に伴う経費も含めて、移行前に慎重に算定する必要がある。

初期費用と運用経費

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。