2022年08月03日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドCMSを選ぶならこれだけは外せない「必要最低限」の機能とは?「CMS」クラウドサービス移行の成功術【第1回】

テレワークの定着とともにクラウドサービスの採用が活発化している。「CMS」(コンテンツ管理システム)もその例外ではない。クラウドCMSへの移行を決めたら、どのような視点で選定すればよいのか。

[Jordan Jones,TechTarget]

 企業は「CMS」(コンテンツ管理システム)をクラウドサービスに移行することによって、コンテンツの作成や共有をしやすくし、業務効率の向上を図ることができる。

 コンサルティング大手のMcKinsey & Companyによると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を受け、企業は急ピッチでさまざまなクラウドサービスを導入した。テレワークを可能にするためだ。

 本稿はCMSに焦点を当て、クラウドサービス移行を成功させるポイントとは何かを説く。

導入したいクラウドCMSは“この機能”を備えているか?

 業務改善や社外とのコミュニケーションの強化につなげるためには、CMSのクラウドサービス(クラウドCMS)には次の機能が必要だ。

  • データ集約
    • 社内全てのデータを1つの場所に集約し、必要なデータを探しやすくする。
  • コラボレーション
    • 社内外の連携を容易にして、ビジネスの幅を広げる。
  • 業務の自動化
    • 業務を自動化して、従業員の負荷を減らすとともに生産性を高める。
  • セキュリティとコンプライアンス
    • 要件は業界や企業の規模によって異なる。どの企業でも共通して必要な機能は以下の通り。
      • データ保護(バックアップなど)
      • 法制度の違反への対処
      • 可監査性の確保
      • eディスカバリー(電子情報開示)への対処
      • リーガルホールド(訴訟に必要な証拠保全のための手順)の実施
      • デジタルフォレンジック(データの法的な証拠性を示すための手段)の実施

 第2回は、CMSをクラウドサービスに移行する際の課題と解決策を取り上げる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...