2022年03月31日 10時15分 公開
特集/連載

「クラウドにしたら高くなった」を回避 IaaS移行後コストの正しい見積もり方IaaS移行にかかるコストを整理する【後編】

コスト削減を期待してIaaSへとワークロードを移行させたものの、結果的にはコストが下がらず、むしろ高くなった――。こうした“想定外”をなくすために、IaaS移行後に発生するコストを正しく見積もる方法とは。

[John BurkeTechTarget]

 ワークロード(アプリケーション)をオンプレミスインフラで運用するときと比べて、IaaS(Infrastructure as a Service)で運用するときの方が、コストが高くなる場合がある。もちろんIaaS移行で大幅に運用コストを削減できるワークロードもあるものの、ワークロードによっては運用コストが2〜3倍増えてしまうこともある。既存のワークロードに変更を加えずにクラウドサービスに移行させる「リフト&シフト」方式を採用すると、移行後の運用コストが高くなりやすい。

IaaS移行後にかかる運用コストを正しく見積もる“こつ”

 IT市場には、移行先のIaaSで使用するサーバやストレージ、ネットワークの利用料金を見積もるのに利用できる、さまざまなツールが存在する。これらのツールは大手クラウドベンダーだけでなく、サードパーティーのクラウドコスト管理ツールベンダーからも提供されている。

 IaaS移行コストを見積もるときに忘れてはならないポイントは、現在のオンプレミスインフラにかかっているコストが、IaaS移行が完了したときに直ちにゼロになるわけではないことだ。ストレージアレイやサーバ筐体(きょうたい)の電力供給とメンテナンス、冷却、運用にかかるコストは、使用率が低下することで減少することはあっても、即座になくなることはない。複数のワークロードがこれらのハードウェアを利用しているのであれば、コストがゼロになるまで数カ月を要することがある。

 ストレージアレイやサーバ筐体の運用を担当するスタッフの人件費もかかる。IaaS移行に関わるスタッフがIaaS移行対象外のオンプレミスのハードウェアの運用を担当しているのであれば、そのハードウェアを廃棄するまで運用コストが継続して発生する。データセンターの運用コストは、そのデータセンターを廃止して初めてゼロになる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...