無料だけどタダじゃ使えない「Windows 11」“本当のコスト”はこれだ「Windows 10」から「Windows 11」への移行コスト【第4回】

Microsoftは「Windows 10」から「Windows 11」へのアップグレードを無償で可能にしている。ただしアップグレードではさまざまな作業が発生し、それぞれにコストが掛かる。どのようなコストが発生し得るのか。

2023年07月02日 10時30分 公開
[Ed TittelTechTarget]

 新バージョンへのアップグレードは、MicrosoftのクライアントOS「Windows」を利用する限り、逃れられない。「Windows 10」から「Windows 11」へのアップグレードに際して、通常のワークフローやビジネス活動に支障を来さないようにするために、IT担当者がこなすべき作業は多岐にわたる。それぞれの作業には、相応のコストが掛かる。

 Windows 10からWindows 11へのアップグレードプログラムは、Microsoftが無償で提供している。ただしアップグレードに必要な作業に掛かるコストまで、同社が負担するわけではない。Windows 11のアップグレードに伴うコストには、どのようなものがあるのか。

実はタダじゃない「Windows 11」の“本当のコスト”はこれだ

 Windowsのアップグレード、特に「Windows 8」へのアップグレードを経験したIT担当者であれば、アップグレードの計画と実行には、さまざまなコストが発生することを理解しているはずだ。アップグレードのコストには、検証環境での新バージョンの試験的な導入に加えて、既存のアプリケーションやサービスが正常に動作するかどうか、ユーザビリティがどのように変化するかの確認に掛かるコストを含む。その他にも考慮すべきコストはある。

最小システム要件を満たさないPCの更新コスト

 IT資産管理ソフトウェアベンダーLansweeperが2023年に公開した調査結果(調査対象:ユーザー企業6万社で稼働する推定3000万台のWindows搭載PC)では、PCの42%以上が、Windows 11のシステム要件を満たしていなかった。主な原因として同社が挙げるのは、

  • 標準規格「TPM 2.0」(TPM=Trusted Platform Module)準拠のセキュリティデバイスを搭載していないこと
  • CPUが必要な性能を満たしていないこと

の2つだ。PCがWindows 11のシステム要件を満たしていない場合、PCの更新が必要になる。

 PC更新に掛かるコストは、使用するエンドユーザーのニーズによって異なる。1ユーザー当たり1000ドルを下回ることはめったにない。

トレーニングのコスト

 Windows 11のアップグレードに伴う新バージョンへの移行を容易にするためには、トレーニングを計画・実施するのが最善だ。アップグレードの計画と実行を監督する管理者が、通常は最初のトレーニング対象となる。エンドユーザーが各自でアップグレード作業を進める際にサポートできるよう、次にサポート担当者をトレーニングする。業務でWindows 11を活用するエンドユーザーのトレーニングは最後だ。

 エンドユーザーへのトレーニングでは、対象者の数は、一般的には管理者やサポート担当者よりも多くなる。ただし業務遂行のためのトレーニングに絞り込めるので、1人当たりのトレーニングの量や時間は少なくて済む。とはいえ全体として時間とコストはかなり掛かる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...